目じゃない。魂で読め。白洲次郎 占領を背負った男 レビュー

 

白洲次郎 占領を背負った男

白洲次郎 占領を背負った男

 

 (文庫やKindle版もあります)

 

いやもう、こんな本なんて紹介したらいいのかわからない。
目で読む本じゃないんですよ。魂で読む本。
本当にこんな人がいたのか。っていうくらいかっこいい。
こんな悪役、ドラマの中にしかおらへんやろ。っていうくらい、GHQと民政局がひどい。本当にいた人なのに。

 

戦争に負けて占領されるってこういうことなんだな、と初めて分かった。

 

そのひどい占領に対して、敢然と立ち向かう白洲次郎。
ただまっすぐなだけじゃない。
泥臭いネゴシエーションや根回しもがっつりやる。それは狡猾さじゃなくて、自分の信念を貫き通すため。しかも、日本をアメリカのいいようにされてしまうことから守るため。理想を語ってるお坊ちゃんじゃなくて、すさまじく仕事ができるやつが、本気で日本のために働くわけですよ。こんな話、面白くないわけがない。

 

憲法がね、アメリカの素人によってさらさらっと作られたって、知ってましたか。
私はこの本で初めて知りました。びっくりですよ。憲法なんて絶対的な国のポリシーじゃないですか。敗戦によってアメリカに押し付けられたものだ、ってことはなんとなく聞いて知っていましたが、まさかね、素人によって2週間くらいで作られたものだとは。
素人とはいっても、さすがにそこらを歩いてる人じゃなく、GHQの中で、ある程度法律の素養がある人たちではあったみたいですけどね。でも、憲法に関しては素人。秘書とかもいたらしいですよ。秘書て!!そりゃあの時代に日本に来てるくらいだから優秀には違いないんだけど、それにしたって役人の秘書が!日本の憲法の一部を作ったって・・・・どんだけ舐めてんのよって話でしょ。これは衝撃でしたね。そりゃ白洲次郎じゃなくったって、舐めんのもたいがいにしろ!って言いたくなりますよね。

ところが時は敗戦直後。たぶん日本全体が最も心を折られていた時期。原爆によって強大な力の差を見せつけられていた人々は、抵抗はしてもちゃんと渡り合うなんてできない。
つか、そもそも憲法の草案をGHQが作ったってのが極秘だったから、市井の人々は関係ないんだけど。GHQと対峙していた日本政府の面々ですら、がっぷりよつに組むことはできない。こんなの飲めるか、っていうだけ。

そこを一人のスーパースターが奔走するわけです。誰あろう、白洲次郎その人。

GHQ内部の確執を見抜き、対抗勢力に掛け合い、情報収集し、それはもう様々な手を使って、日本の自立へ向けて誇りを保とうとするわけです。何十年も前の話なのに、つい引き込まれて応援したくなります。

 

いや、すっごい人がいたもんだ。もともと能力の高い人が、高い理想を掲げるとここまでできるものか。俺たちも、目の前の生活のためじゃなく、日本のためくらいの理想を掲げて働いたら、見える景色は違うんじゃないだろうか。

そう、思えます。読み終わった後、うずうずします。俺も何か成し遂げねばって。

 

 

胸が熱くなる、ってこと、最近ありますか?

あんまりない人、おすすめです。この本、胸に来ますよ。

息苦しい監視社会?戻っただけですって。

しばらく前に、こんなの話題になりましたね。

www.huffingtonpost.jp

わざわざ通報するなんて、よほどヒマなんだな~、という感想は置いといて。

ネットでは「どんどん寛容さがなくなり、監視社会になっていく」という論調が目立ちました。ま、どんな世界にもこういう暇人はいるし、僕には関係ないし…と思っていたところ、カウンターとして、こんな意見も出てきた。面白い分析です。

togetter.com

ここまで
「日本は窮屈になった。それに比べて海外は…」
「いや、海外だって窮屈だって」
という話の流れですが、そこで
「いや、日本も窮屈になってきたんじゃなく、元から窮屈だったんじゃないの」
と思いついた。元ネタは、この本に書いてあったことなんですけどね。

日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点

日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点

 

ざっくり要約すると

 

震災とか起きて、日本人のモラルの高さが賞賛されたり、逆に「いやいやこんなひどいことする奴も居るって」という話が出てきたりしてる。でもね、日本人はもともといいやつって訳じゃないんだよ。
田舎の家には、留守宅でもなぜ鍵がかかってないか。それはね、村人がみんな良い人だから、じゃない。村人の顔はお互い皆知ってて、空き巣にでも入ろうものならあっという間に知れ渡る。もうそこでは暮らしていけなくなる。空き巣に入るメリットより、リスクのほうが圧倒的に大きい。だから誰も空き巣に入らないだけ。

そういうムラ社会による相互監視で秩序が保たれてきた。

 

という話。
でも日本は都会化し、隣の顔も分からないような社会になってきたから、その抑止力がなくなってきて…と本は続くわけですが。

 

もう、私の言いたいことはお分かりですかね。
そう。

 

「都会化により失われた相互監視社会が、SNSによって戻ってきただけじゃないの?」

 

ということです。
冒頭の消防車の例で言えば、消防署やマスコミが対応を間違いさえしなければいい。
的外れなチクリは毅然とスルーが出来さえすれば、全体としては良い方向なんじゃないですかね。「留守でも家に鍵かけなくていい田舎なんて、良いなあ」って思うでしょ皆。

 

あ、新聞が「毅然とスルー」の判断を正しくできないから問題なのか…

しまった。

本田は本当に自己責任論者なのか?Twitterはこんにゃく問答の世界

こんなエントリーを読みました。

hirokimochizuki.hatenablog.com

 

後半は良いんだけど、なーんか違和感が。
少し考えてわかった。話の前提がおかしい。
途中、「~ということは、~だからだろう」という想像による断定が出てくるんですね。ここからおかしくなってる。

これを読んであのような書き込みをするということは、彼が「自殺」という問題を考えるうえでのある種の思い込み、「自殺者は自分の苦境を「他人や政治のせい」にして自死したのだろう」といった類の思い込みがあるからだろうと思う。 

 

本田は、才能や体格に恵まれてるわけじゃなかったことは結構知られた事実。それをふまえた上で、問題になってるツイート*1を好意的に捉えると全く違ったものが見える。

・まず生きてることに感謝する

・そして嫌なら逃げていい

僕には、それがメインメッセージであるように見える。しかも、自殺してしまう若者へ向けたエールであるわけだ。それらの前提を好意的に汲むとするならば

・他人のせいにするな、政治のせいにするな

という前段は何か。他人とは、政治とは、本田のツイートの中で何を意味する言葉なのか。

 

「変えられないもの」なんじゃないのか。
変えられないものに期待して、絶望して、「変えられないから死ぬしかない」という結論に至るな、と言いたいんじゃないのか。

 

変えられないものからは逃げろ。逃げていいんだよ。

 

そういうメッセージに、僕には見える。もちろん、客観的に見て十分伝わるツイートだとは言い難い。唐突に、政治や他人という言葉が出てくるのだから。
ならばなぜ、本田の中ではこの記事と「政治」「他人」がつながったのか。

 

これは僕の勝手な想像だが、本田自身が、そう考えて思いつめたことがあるんじゃないだろうか。
 

そう思い詰めてた頃の自分に、「この世界が変えられないなら死ぬしかない、じゃない。周りの環境が君に合ってないだけ。合う環境を探して一歩踏み出せ」って言いたかったのだとしたら。


本田ほどの人物が「逃げていいんだ」って言ってるとしたら、それは今つらい状況にある若者にとって大きな勇気になるはずだ。

 

それを自己責任論者だと断定して批判しても、得るものはない。「その言い方では、届けたい人に届かないよ」という表面的なアドバイスのほうが、まだ有用だろう。

 

ここまで書いてきたことが、僕の誇大妄想である可能性も大いにある。
けど、この妄想のほうが、得るものはあるはずだ。
どうせなら、得るほうの考え方でいたい。

こういう話題になると、僕はいつも「こんにゃく問答」という落語を思い出す。
詳しくはググってもらえばいいけど、この落語には「何かを学び取る気持ちで聞けば、たとえ町のこんにゃく屋が発した言葉ですら、高僧に気づきをもたらす」という教訓が隠れている。


そういうことなんだと思う。批判しようと思って見れば、批判にしかならない。

 

得るものがあるスタンスで居たいものだ。
ま、「こんにゃく問答」では、勝手に学びを得た高僧は笑いの対象になるわけだけどね。

 

-----------

 こんにゃく問答に関する学びについては、この本で「豆腐問答」として紹介されてた気がするけど、もう何年も前に読んだので、自信ない。参考まで。

禅「心の大そうじ」 (知的生きかた文庫)

禅「心の大そうじ」 (知的生きかた文庫)

 

 

*1:引用しようと調べてみたら、本当に本人のツイートなのか確信が持てないねこれ。仮に本物じゃなかったとしても、本エントリーで言いたいことは変わらないのでこのまま載せます