日本の製造業は、大切なカードを忘れているのではないか。ハードウェアのシリコンバレー深センに学ぶ レビュー

この本、読みました。

 

中国の中でビジネスをする難しさというのは、以前から様々な人が語ったり、警鐘を鳴らしたりするところ。そこへ飛び込んで、いかにビジネスを行うか。筆者10年の奮闘記を通した分析。ただ奮闘記から刺激を受けたくて買っただけだったが、いろいろと思うところがあった。

 

スピード重視 品質はコスト見合い

品質、スピード、コスト。なにかモノを作るときに、コントロールするべき3大要素。IT業界でも、先輩に口酸っぱく「QDC」と言われてきた。Quality,Delivery,Cost。そう、これらはコントロールするべき3要素であると同時に、お互いにトレードオフの要素でもある。
そんなこと、僕が言わなくても、当たり前のこと。品質とスピード、そしてコスト。何をどの程度重視するか。そのバランスが、自社の特徴となり、短所ともなる。

しかし。

今の日本では、品質は高いことが前提。すごく安いものですら、買って文句を言う人の多いこと。そんなクレーマーもちゃんとケアしてしまうから、安いものですら、品質が下げられない。「品質を下げる」というカードを切れない馬鹿正直な皆様が、そこそこの品質で価格やスピードを最重視してくる奴に勝てるわけがないだろう。

これはやばい。もう一度、品質をトレードオフの候補に、とりもどそう。
そうしないと日本の製造業は、勝てない。中国のビジネスはとにかく早いのだから。
本を読みながら、そんなことを痛感した本でした。 

 リスクマネジメントという言葉を思い出せ

もうひとつ、筆者が奮闘する様子から感じたこと。
中国への製造委託はリスクが伴う。それは当然。でも、コントロールできないリスクではない。ツボを押さえて、効果的にマネジメントすれば、それなりの品質で、とても安いものが作れる。

みんな、リスクってコントロールできるものであることを、忘れていないか。

リスクがあることは、皆やりたがらない。だけどリスクは、変えられないものではないんだ。リスクを減らす術を知っている者がそれを行い、利益を手に入れる。品質に対するリスクを正確に理解し、そしてコントロールする。それにより、メリットをしっかりと享受する。
そうなんだよ、リスクがあるからやらない、んじゃなく、リスクがあるならコントロールして見せようじゃないか。

 

この本は、そういう姿勢を見せてくれたのではないだろうか。
覚えておこう。

狙い目洗濯乾燥機。縦型ならこれでしょ。

洗濯機、買い換えました。12年ぶりに。こいつです。

東芝 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 10kg グランホワイト AW-10SV6 W

東芝 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 10kg グランホワイト AW-10SV6 W

 

 

これに決めた理由

まずはドラム型か縦型か。

・ドラム型では洗浄力に不安
・ドラム型は、上から下へ衣類を落として洗うので、衣類が痛みやすいという声も。(本当かどうかはわかりません)
・一度にたくさん洗いたい(けど12kgまではいらないな・・・)
・親しい知人で、ドラム型を買ってやっぱり縦型に買いなおした人がいる(←これが決定的要因かな)

というわけでまず縦型10kgに決定。あんまり論理的じゃないですけど、こういうのは「奥様が満足する」ことが最重要ですからね。

そこで縦型をいろいろ見て回ったところ、

・縦型10kgで白が良かったが、そもそも縦型10kgで白い洗濯乾燥機が少ない。
・さらに足元(下の部分15cmほど)はグレーのものが多く、白いのはこれしかない
 (このzaboonも、足元は純白ではないですが、ほぼ白と言っていい色)
・ウルトラファインバブルなる洗浄技術がなかなか良さそう

というところでzaboonに決定です。これまた「機能で選んだんじゃないのかよ」と言われそうですが、まあ見た目が中心です。細かい機能は、購買を左右するほど違わない。縦型洗濯機でデザインめっちゃ良いのが出たら、売れると思うけどなあ・・・。


そんなわけで狙いを定めてじっくり待ち、最も安くなるこの時期に買いました。

 

実は9kgモデルがお買い得なのではないか

見て回ってるときに、販売員の人からいろいろ聞いた話。東芝 zaboonに関しては、どうやら9kgモデルがお買い得な様子です。

東芝 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 9kg グランホワイト AW-9SV6 W

東芝 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 9kg グランホワイト AW-9SV6 W

 

 その理由としては、
・本体としては、10kgモデルも9kgモデルも全く同じ(大きさも中身も)
・9kgモデルは10kgモデルより、最大水量を1リットル少なく設定してあるだけ
だから。
つまり、洗濯機としては全く同じもので、中のマイコン制御みたいな部分でほんの少し設定を変えてあるだけなんですね。水量が1リットルしか違わないって…それほぼ同じだろ。それで9kgのほうが安いのなら、そりゃ9kgおすすめするわ。
しかしたった1リットルの違いって、にわかには信じられない。ホントかよ~、とその日は半信半疑で家に帰ったのですが、ネットで見る限りそんな情報はない。やっぱり販売員さんの勘違いだったのかな、と思って結局10kgを買いました。

ところが、届いて説明書を見てみたら…!!!

f:id:seazee_htn:20180609074308j:plain

9kgモデルと10kgモデルでは本当に1リットルしか違わない・・・。かっこの中が9kgのスペックね。

しまったー、と思いましたが、ま、買っちゃったものは仕方ないね。皆様におかれましては、お気を付けを。

※なお、私はedionで話を聞いたので、zaboonのedionオリジナルモデルを買っています。edionオリジナルじゃなくても、上記の話は全く同じだと思いますが、事前の確認をお勧めします。

「君たちはどう生きるか」を何倍にも味わう方法、という話

これ、読みました。

 さらっと読めたけど、なかなか良かった。

マンガはちょっと違うだろ

しばらく前、「君たちはどう生きるか」の漫画版がブレイクしましたが、なんか違うんだよな~と思って横目で見ていました。ティーンエイジャー向けに易しく書いてある本なわけで、それをさらに読みやすく・・・って。入れ歯をなくした老人でもあるまいに、もともと柔らかいものをさらに噛み砕いてもらってどうすんだ、という違和感。
でもね、そんな風に感じるのは、マンガ版が僕向けじゃないってことに過ぎないのだから、それは放っておけばいい話。

じゃ何なら良いのか

ところがこの「100分de名著」シリーズで読んでみたら、見つけました。僕が求めていたのは、こういう噛み砕き方だった!というやつを。

何がどう噛み砕いてあるのか。
一言でいうなら『中身じゃなく、周りが噛み砕いてある』のです。
この本が書かれた時代背景、著者がどういう人でどういう思いで書いた本なのか。そういう周辺の話。そんなの普通の人は気にしないし、気になったところで調べるのはかなり大変。たぶん途中で面倒になって調べるのをあきらめる。でも周辺の話を知ることにより、本の中身が何倍にも価値を持ってくるんですよ。言い換えるならば、「君たちはどう生きるか」に書いてある中身が立体的に味わえる。池上さんはやっぱり、こういう解説をさせるとすごいよね。学生時代に読まされたっきりだったこの「君たちはどう生きるか」を、また読んでみたくなりました。たぶん、「100分de名著」を読んだ後で読めば、新しい発見があるはず。楽しみ。

マンガじゃない噛み砕きかた。これは、いい。おすすめです。

 

しかし「100分de名著」シリーズ、なかなかハマりそうです。なんていうのかな、テレビ番組で言ったら、「マツコの知らない世界」みたいな感じ。自分が全然興味なかったものを、マニアの目線で熱く語られると、なんか面白いものに見えてくるじゃないですか。以前も「100分de名著 般若心経」を読んでなかなか良かったわけですが(レビューはこちら)、もう少し他にも買ってみようかな。「100分de名著 シンデレラ」なんて気になるな・・・。