IoTは日本の文化と合わないかもしれない

これ、読みました。 

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

 

 
良かった。もう何十年も前にIoTの概念を提唱したのが坂村さんだったとは。
TRONに夢中になってた自分としては感慨深いものがあります。

どういう本なのか

いわゆる技術的な解説書だと思うと、違います。
その側面はもちろんあるのですが、やっぱり思想・コンセプトの解説が抜きんでています。最初に思いついた人なんだから、そりゃそうだよね。
 IoTというのは世の中的に、「技術的にこういうことできるようになったけど、何しようか?」というアプローチが圧倒的に多かった。数年前のIoT展示会へ行くと、どれも「センサー付けました」っていうだけで、「だから何なの?センサー本当に要る?」って思うものがほとんどだった。一時期、やり玉に挙げられてた「クラウド洗濯機」なんていい例ですね。とにかくネットにつながるからつなげよう。んで、何すんのさ?
 ところが、最初に考えた人は違った。まだ「モノをインターネットにつなげられる」なんて技術的なメドもつかないころから、「つなげられるようになったらこんな素晴らしい世界になるのに!!」って言ってたわけです。これこそ正しい技術進歩だよね、やりたいことが先にある。坂村さんが何を考え何を目指しているのか、もっとも象徴的な部分がこんな感じです。

Internet of Thingsは、言葉どおりにとれば「モノのインターネット」。「インターネット」という言葉が入っているが、これは単にモノをインターネットで繋ぐという意味ではない。IoTはむしろ「インターネットのように」会社や組織やビルや住宅や所有者の枠を超えて モノが繋がれる、まさにオープンなインフラを目指す言葉と捉えるべきだ。

 そして、今のインターネットが、主にウェブやメールなど人間のコミュニケーションを助けるものであるのに対し、コンピューターの組込まれたモノ同士がオープンに連携できるネットワークであり、その連携により社会や生活を支援するーーーそれがIoTなのである

 すごいよね。「モノをインターネットにつなげられるようになったからつなげてみよう」なんて低いレベルの話じゃないんです。繋ぐ手段がインターネットかどうかは、どうでもいい。僕も数年前にこんなエントリーを書いて、ある程度理解した気でいましたが、全然ちがいました。恥ずかしいわ。消さないけど。

 

じゃ、実現するには

基本的な考え方はわかった。じゃ、その夢の世界は実現できるのか。
こうなると、その「素晴らしい世界」の実現に向けて一緒に夢を見られるか?というところが、実現スピードに大きくかかわってくるわけです。といっても伝わらないと思いますが、ここで先ほどの引用を再度。

 今のインターネットが、主にウェブやメールなど人間のコミュニケーションを助けるものであるのに対し、コンピューターの組込まれたモノ同士がオープンに連携できるネットワークであり、その連携により社会や生活を支援するーーーそれがIoTなのである

 今のインターネットがそうであるように、オープンということは、特定の管理システムを持たない。管理責任ももたない。インターネットでウィルスが蔓延して、「インターネット」を考えた人が非難されるか?違いますね。みんながウィルス気を付けようぜ、ということになってるし、ウィルス対策ソフトにお金を払っても、別に政府に不満をぶつけるわけじゃない。インターネットってのはそういうもんだから、です。
ところがIoTとなると。インターネットが基盤になってる考え方なのに、みんながこの考え方を受け入れられるかどうか?

特に、導入が進む過渡期に。

想像してみましょう。前の晩に、スマホから暖房のタイマーを入れておきます。翌朝はめっちゃ寒い。でも、起きてみたら設定したはずの暖房が付いてない。しかたないなあと思う人がほとんどだと思いますけど、中にはエアコンメーカーに怒鳴り込む人も。

怒鳴り込む人は、どの国にもいるでしょう。でも、メーカー側で考えてみると。

『しょーがーねーじゃん、ベースがいい加減なインターネットなんだから。エアコンは壊れてませんって』と言い張れるメーカーが日本にどれだけあるか。その前に「こういう製品を世に出しましょう」と言われた時、「よっしゃ、出そう!」と決断できる幹部が、日本の会社にどれだけいるか。

海外よりも、日本のほうが圧倒的に少ないことは、想像できますよね。

もちろん、それだけいい面もある。安全性とか品質とか、やっぱり日本製は高いと思いますもん(私クルマ、BMWのMiniに乗ってるんですけど、日本車ではありえないケースに遭遇して本当に、日本製品の高品質を痛感しました)。だけどIoTの普及ということだけ考えると、これは大きな障害になりうる。

いまよりよくなるんだからいいじゃん、と思うのか、完璧じゃないから信頼したらあぶない。だからやめとけ、と思うのか。社会の全員が使うインフラになる、ということは、よくわかってない人も当然のように使う、ということです。こういうときの割り切りは、日本、弱いよねえ。


いまのままだと、世界全体にIoTが普及しきってからでないと、日本には導入されない感じがしますね。せっかく坂村さんが最初に考えたというのに。もったいないなあ。
どんどんやっちゃって欲しいですね。

Amazonダッシュボタンじゃ日用品の囲い込みができない、たったひとつの理由

Amazonのダッシュボタン、やっと使ってみました。
買ったのは以前なんだけど、ストックがやっと尽きたので。
商品は、洗濯洗剤のアリエールです。

アリエール Dash Button

アリエール Dash Button

 

 


そしたらですね・・・・
注文したアリエールの詰め替えが、もう取り扱いしてなかった。

もう少し正確に言うと、(収束していく商品だから)在庫がなく入荷予定も未定となっていました。注文は受け付けられたけど、待てど暮らせど届かない、という最悪のパターンです。ストック尽きたから注文してるのに、ダッシュボタンの意味ないやん。こんなんなら、注文が受け付けられないほうがまだマシ。注文がエラーになるから、気が付くもんね。

そういえば、最近よくアリエールのCMやってたな。3Dなんちゃらとか、洗剤も鮮度が大切とか言って。新製品が出たから、古い商品はなくしていくのでしょうね。

 

これで、気づきました。

 

こういう日用品は、他社製品との差異を常に保つため、商品がリニューアルされるサイクルが早い。


そしてこの点が、ダッシュボタンと圧倒的に相性が悪い。

使ってみて初めて分かりました。
ダッシュボタンは日用品の囲い込みに有効という説は多く、私自身もそう思っていましたが、全然違いましたね。

 

使ってみないとわからないもんだ。

仕事がデキる奴になるには、ストレスを取り除くのが近道~キラーストレス レビュー~

以前、お盆に出勤したら会社行くのが楽しみになった話を書きましたが。

あれ以来、「普段それほど気になってないストレス源でも、減らすと仕事が楽しくなる」という事が頭の片隅にあります。
つまり「もっと仕事がデキる奴になるためには、ストレスを取り除くのが簡単な近道」という考え。会社で利益を伸ばすのに「売上を上げるよりコストを削減するほうが簡単」てのに似てる。
そんな時、この本を読みました。かなり良かった。

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

 

 

何故ストレスなんて感じるのか

鼻が詰まってたら臭いを感じにくいのと同じで「ストレスを感じない体になればいいのに」なんて思ったこともありますが。それは無理。なぜなら「太古の昔から、人間の体に組み込まれた仕組み」だから。
ストレスって現代社会特有のものかと思ってたら、違うんですね。
草原でライオンと出会ってしまったら。逃げる、あるいは戦うために、体は反射的に緊張状態になる。つまりストレス反応をする。そう、ストレス反応ってのは、古来生き抜くために大切なものだったんですね。そりゃなくならないわ。
だけど、いま街を歩いててライオンに出会うことはない。ストレス反応だけが、邪魔者のように持て余されるようになっちゃった。

 

さて、どうしていきましょうか。
順に見ていきましょう。 

 

1.まず受け入れる

ストレスを感じてることがストレス、なんてよくありますから。「なんで俺、こんなちっさいことでイライラしてんだよ」ってさらにイライラする、みたいなね。そういう不毛なストレス蓄積をしないために、まずは受け入れる。「あー、俺ストレス感じてるなぁ。まあ人間だし仕方ないよね」という感じ。

 

2.そして点数をつける

いま感じたストレスは、10段階で何点か。これを採点してみる。これをすると客観視できるんですね。言い方を変えるなら、自己認識。
例えば電車の中で足を踏まれたとする。すぐ採点すれば、「これ3点ね」と認識して置いておける。そうじゃないと、電車降りるまでずっと「くっそ~あのやろう」なんて考えてしまい、ストレスがどんどん大きくなる。この方法、意外に良い。

 

3.次にコントロール、消す

ストレス発散、なんてよく言いますが。
まず、ストレスが解消する方法は人それぞれだってこと。そして点数によっても違う。軽いストレスは軽い解消方法を使って、とにかく溜めない。
そう、ストレスを溜めないってのは、ストレスを感じにくくすることじゃなく、感じたらすぐに解消しておくこと、なんですね。ここ大事。
裏返せば、ストレスに弱い人は「俺ストレス耐性低いからな~、情けない」なんて思う必要ないんです。そりゃ耐性の高い低いは人によって差があるみたいだけど、大事なのはそこじゃない。ストレスをすぐに解消すること。
僕でいえば、ヘッドフォンで好きなロックを聞けば、1曲終わるころには消えてますね、軽いストレスなら。
少し重いストレスなら、とにかく寝れば軽くなるかなあ。

 

そんな自分ならではのストレス解消法を持ちながら、できるならば、ストレス予防が望ましい。

 

4.ストック型ストレス源をフロー型へ変換する

ここからは本の内容ではなく、僕が勝手に考えたことですが。
ストレスにもストックとフローという考え方を適用する。つまり、継続的なストレス源を一時的なストレス源に変換できるなら、そのほうが解消しやすいし、溜まりにくいはず。

例えば、掃除。
毎日あるいは毎週掃除するのがストレスだな~って人。お金で解決しましょう。つまりロボット掃除機を買うってこと。

掃除は定期的にしなきゃならない、継続的なストレス。ところがお金を使うってのは、払う時だけの一時的なストレス。

ほら、継続的なストレスを一時的なストレスに変換できました。
別に最新型の高いやつじゃなくてもね。うちなんかはこれです。

 

 

 

便利さとか、時間の節約とかもあるけど、ストレス源を減らすという意味で高機能家電を解釈するのは、ありですね。

それ意識していこう。ストックストレスのフロー化。
いかがでしょう。