シンデレラって本名じゃない?じゃなんなんだ。

気になっていたシンデレラ、読みました。 

「へぇ~、知らなかった」ということばかりで、とても面白かった。よく知ってる話なのに、こんなに知らないこと、気づかなかったことが多いなんて。それを気づかせてもらう楽しさが、この本にはあります。

 

1.シンデレラは本名じゃない


 まず「シンデレラ」というのは名前じゃないんだって。「むかしむかしシンデレラという女の子がいました」じゃないんですね。知ってました?僕は初めて知った。じゃシンデレラとは何なのかというと、小ばかにしたあだ名なんだそうです。(かまどの)灰をかぶってる小娘 みたいな意味らしい。日本で言えば「飯炊きの小汚い娘」ってところでしょうか。「むかしむかしあるところに女の子がいて、炊事洗濯などの家事一切をやらされていたので、シンデレラと呼ばれるようになりました」なんですね。日本人には、いかにもお姫様らしい美しい響きに聞こえますが、実はこれ、ぜんぜん美しい名前じゃない。驚きだったわ。
 でもなんで、そんなあだ名をタイトルにするの?と考えると、「マッチ売りの少女」とかと同じことなんですね。「赤ずきんちゃん」もそうか。昔話では固有の名前がついてるほうが珍しい。それは、「むかしむかしあるところに・・・」という普遍化のためなんです。長年、口頭伝承されるうちに、普遍化を妨げるようなディテールは削られていくわけです。しかも、「飯炊き娘」というタイトルにすれば、主人公が置かれている立場が瞬時にわかる。よくできてるよね。

 

2.似た話がめちゃくちゃ多い


 内容の似た昔話が、全世界で数百あるそうです。もはやどれがオリジナルかは不明。それらが全世界で同時期に生まれたのか、はたまたどこかにオリジナルがあるのか、わからない。
 確かに、継母にいじめられたあと幸せになる話、ってのは日本でもよく聞くね。
しかし逆に言えばそれは、「何がオリジナルのシンデレラか」というのはどうでもいいことだ、とも言える。全世界的に、継母にイジメられて最後幸せになる話はウケる、ということなのでしょう。
 となると、世界のあちこちで、話す人が、自分の見せたいもの・自分が込めたいメッセージをシンデレラのストーリーに投影させて語り継ぐことになる。
あるいは、聞く側が「こうあってほしい」シンデレラを受け入れる。そうやっていろいろなバージョンが枝分かれしていく。あまたあるバージョンそれぞれに、どういう背景でどのようなメッセージを込めたかったのか、推定してみるとその違いがまた面白い。


3.世界でメジャーなシンデレラを三つ比べてみる


 そういう前提で、最も有名な、ペロー版(フランス宮廷版)、グリム版(ドイツ文学者版)、ディズニー版(アメリカンポップカルチャー版)のシンデレラを比べてみると・・・

  • ペロー版
    背景・話を編集した目的:身分が大事。庶民が大逆転なんてありえない。親しみやすい形でフランス宮廷文化の礼さんがしたかった?
    話の趣旨:もとは身分が高いのに不遇な目に遭っている娘が、魔法使い(パトロンの象徴?)のおかげでV字回復するお話。
    メッセージ:結局、血筋が違うのだよ、血筋が。あるいはパトロンを捕まえられれば何とかなる。というメッセージだと読めなくもない。

  • グリム版
    背景・話を編集した目的:文学者が、大人の鑑賞にも耐えうる形で童話をまとめたかった。民話の伝承。
    話の趣旨:自らの知恵と行動力で道を切り開いて、幸せをつかむ話。
    メッセージ:知恵と行動力があれば下剋上も夢じゃない。と読める気もする。

  • ディズニー版
    背景・話を編集した目的:アメリカ的平等を重んじる文化。階級とか関係ない。そのうえで子供に夢を。
    話の趣旨:べつに血筋がいいとかじゃないけど、性格の良さと美貌があればハッピーエンド、というお話。グリム版と比べて、現状を打破する努力はしないけど・・・。
    メッセージ:真面目に清く正しく生きていればいつか報われる、ともとれる。

という感じ。(違いを分かりやすくするため、私の解釈でかなりディフォルメしています。)

シンデレラひとつとっても、こんなに奥深い世界があるのです。面白いね。

 

豪華な出演者、ゆるい雰囲気。家族におすすめのフェス、中津川ソーラー。

f:id:seazee_htn:20170923132059j:plain

中津川ソーラーブドウカン、今年も近づいてきましたね。昨年初めて行ったのですが、とてもよいフェスでした。大げさに言えば、身近なフジロックみたいに感じた。都市から比較的近くて、でも自然の中でのユルいフェス、という意味でね。
今年行く方のために、少し紹介しておきます。

緩い雰囲気、皆に優しい仕組み

 まずは、迷子を救うシステム。子供にはナンバリングされたバッジを無料で配布しています。バッジをもらうときに、そのバッジの番号が書いてあるリストに、子供の名前と親の携帯番号を書き込みます。これで、バッジを付けた幼い子供が迷子になって、パニクって名前すら言えなくても、親の元へ連絡が来るような仕組みになっています。アナログだけど、これはいい!もちろん、配布場所に行かないともらえませんから、子連れの方は真っ先にバッジブースめがけてもらいに行くことをお勧めします。
 次には、休憩所。敷地内にある体育館が解放されていて、いつまでも休めるようになっています。これがまたありがたい。冷房が効いているわけじゃないけど、まあ、やってるの9月下旬ですし。少し暑いけど、直射日光が避けられることを思えばもうオアシス。会場は日影があまりないですからね。
 あとは、気球に乗れるようになっていたり、栗きんとんを楽しめる茶屋があったり、子供に大道芸を教えてくれるワークショップみたいなのがあったり。
 長ーいすべり台があって、これは公園備え付けなわけですが、子供がこれを飽きず何度もすべる。そのすべり台から、ひとつ、ステージが見える。まあ、少し遠めだけれど、Caravanやハナレグミを観ながら、子供の相手ができたのはよかったです。本当なら、子供の相手をする時間はアーティスト見れないものと割り切らねばなりませんからね。またこのユルい感じがあうステージなんだよね。Respectステージっていうんですけど。(下の写真)

交通の便

 中津川市の、ただでさえ田舎なところの、そのまた郊外にある大きな公園でやるわけなので、交通の便は決して良くないです。まあしかし、JRの駅まで歩けなくはない、という距離。田舎人の感覚で、ですよ。たぶん3~4キロあると思います。しかも行きは基本、登り坂ですからね。都会っ子の皆様、それなりにご覚悟を。でも歩いていく人、結構見かけました。歩いていく場合はJR中津川駅じゃなく、ひとつ名古屋側の美乃坂本駅が近いと思います。
 車で行く方には、駐車場たくさんありますが、駐車場から会場まで歩くのもまた結構ある。こちらは4キロなんてことはなく、まあ1キロ未満だと思いますが、それでも割り当てられる駐車場によっては、結構遠いです。しかも田舎の、そのまた郊外ですからね。あちこちに運営スタッフがいてくれるものの、そんなに詳しい標識や案内があるわけじゃないです。車で行く方は、時間に余裕を見ておかないと、最初に見るつもりのアーティストに遅れてしまうことも。駐車場からシャトルバスもあるみたいですが、頻度は不明。(誰か使った人いたらコメント欄ででも教えてください)
 車で送迎してもらう人。私は実家が中津川市なのでこれでしたが、ほんとゲートの前まで行けます。ただ、地元の人間ですら降車場へたどり着くのが非常にわかりにくい。何度も言うけど、田舎だから目印ないんですよ。お気を付けを。

混雑具合

 会場内は驚くほど人がいますけど、リストバンド交換やゲートを入るのには全く待ち時間なし。到着時間にもよると思いますが、フェス開始時間の10分後に行ってもするっと入れました。ただ、物販は結構混んでたな。あとトイレも長蛇の列です。これはしかたないね。

豪華な出演者

 なんなんでしょうね。豪華なんですよね。他のフェスと比べて、とかじゃなく、ただの主観です。私、中津川市出身なので、特にこれといって目玉のない中津川市に、真心ブラザーズとかクロマニヨンズとか、Charとかまで来てくれるなんて、想像すらしなかった。つい数年前まで、中津川まで来てくれるミュージシャンなんて、演歌歌手くらいだったんですよ。それから思えばもう感涙です。シアターブルックに感謝してもしきれないです、ホント。
 去年はヤバいTシャツ屋さん、とても良かったし、the band apartも良かった。the band apartは、デビューアルバム持ってるのにライブ初めてみて、ちょっと感慨深かったなあ。

f:id:seazee_htn:20170924163633j:plain

 
あとは、気球に乗ってちょっと空高く上がったりもできます。テント(ポップアップ型も)やタープはダメですが、レジャーシートやチェアは、少しだけ置けるスペースがあります。少しですが。
子連れの人も多く、子供にイヤーマフ付けてる人も結構いましたし、会場でもイヤーマフは売っていました。持っていくといいでしょうね。うちもそのつもりです。

あまり前へは行くつもりないけど、今年はサンボマスターが来るしね。彼ら爆音でしょうから。
(名古屋の人なら)鈍行列車で行ける田舎のフェス、いかがでしょう。良いと思いますよ~。

 

 

音楽、キャンプ、インテリア。すべてを満たすMoriMori LEDランタンスピーカー。

これ、買いました。なかなか良かった。

 

あかりとしてどうか

買う前にもっとも迷ったのが、明るさ。スペック表では30ルーメン。この数字だけみると、かなり暗そうで心配になりますね。でも実際、暗いところで使ってみたら全然問題ありませんでした。暗いところで使うので、十分明るく感じるんです。もちろん、懐中電灯の代わりになったりはしないし、何か作業できるほど明るくはないです。
でも考えてみたら、もともと照らすためのあかりじゃない。雰囲気作りのためのあかりなので、明るすぎるとかえってダメなのでしょう。間接照明とかと同じイメージですね。
それにしても、照明の色、かたち、あかるさ、輝き具合。どれも満足できるだけの良さがあります。優しく、穏やかな気持ちになり、リラックスできるあかりです。

 

スピーカーとしてどうか

もう一つの機能、Bluetoothスピーカー。私は結構音楽好きではありますが、この製品を普通のスピーカーとして評価するのは違うなあと思っています。キャンプ場の自然のなかで、ほんのりした暖色系のあかりのもとに聞こえてきて欲しいのは、どんな音でしょう?重低音が効いていたりとか高音がシャープだったりとか、そういう音ではないはず。むしろ少しばかりノイズが入っていたり、かすれていたり、そんな音がどこからともなく、かすかに聞こえてきて欲しい。

そういう前提の元でこれをスピーカーとして聴いてみると。

さすがにノイズは入りませんが、思ったよりかなり良い音がする。もちろん、BOSEのスピーカーみたいなわけには行きません。でも、この見た目から全然期待していなかったくらいのクリアな音がでる。スマホのスピーカーに毛が生えたくらいだと勝手に思いこんでいたので、良い意味で裏切られました。

 

その他

デザインはもう好みの問題ですが、検索してこの記事を見つけてきてくれたような方なら、おそらく気に入るでしょう。面白いのは、インテリアにもなじむこと。なんでしょうね。アウトドアど真ん中のデザインなのに、妙にインテリアになじみます。クラシックな見た目だからかな。無垢板オイル仕上げのダイニングテーブルとか、ベッドサイドにおいておけば、そりゃもう絵になります。

大きさは、高さ30センチくらい。キャプテンスタッグのルミエールランタンとほぼ同じ。ガラスのほや部分は取り外せるので、キャンプにも持って行きやすいです。

 

そんなわけで、インテリアでもアウトドアでも使えるこのランタン、おすすめです。たき火をしながら、トランペットのジャズとかがかすかに聞こえてきたら、最高ですよ。