The World is NOT flat 年収は「住むところ」で決まる レビュー

この本、読みました。

 

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

 

 

雑誌プレジデントの特集みたいな、アホっぽい邦題が付いてますが、中身はとてもいいです・・・って書いてから気づいた。プレジデント社から出版されてるわ、これ。

まあ、気を取り直していきます。


確かにあほっぽいタイトルなのですが、釣りタイトルってわけでもないです。内容を一言で表すと、確かに「収入はどの都市に住むかで大きく左右される」となります。

ほんとかよ。なんか救いのない話だな。

 

なんて感情的に反応してしまいますが、ここから本書のすごいところ。

 

まず、データを以て丁寧にそれを示していきます。都会のほうが物価が高い分、賃金も高いよね。とか、そんな単純な話じゃないですよ。

 

例えば、ある都市の大卒者平均給与よりも、別の都市の高卒者平均給与のほうが上、なんてことがある。学歴よりも住む場所。

そこまで違うのか。似たような規模の都市で、何が違うのか。


簡単に言うと「その都市がツボを押さえてるかどうか」ということらしいです。

具体的には、「世の中全体にイノベーションを起こすようなスター企業がオフィスを置く都市は、その企業と取引するために多くの企業、産業が集まってくるため、都市として発展し、レベルの高い仕事の求人も増え、結果として住人の収入水準が上がる」ということ。

これは面白い。大都会ならなんでもいいってもんじゃない。20年前、似たような規模の大都会であったのに、今では没落している都市と、繁栄している都市。その運命を分けたのはなんだったのか。
それを意図的に作りだし、繫栄する都市になるには、どのようなディールが必要なのか。
そういった話が書いてあります。

 

 

何年も前に、「フラット化する世界」という本がありました。インターネットの普及により、誰もが気軽に情報にアクセスできる。社会的階層も飛び越えやすくなった。って本。

ところが。
実際は、地域による格差は大きくなっていたんですね。

 

大学の例で考えても、わかりやすい。

 
ある分野のスター研究者がいる大学には、さらにどんどん、その分野の優秀な研究者が集まる。その大学はさらに、その分野の研究で有名になる。研究環境もさらによくなる。どんどん良い循環が回る。ほかの大学と差が広がる。

ネットでいくら論文を読めたって物足りない。やっぱりスター研究者の近くがいいわけです。リアルなコミニティもできやすいし。

 

そりゃ、差も広がります。なんで皆、東京に出て行くんだよ、とか思ってましたが、やっと納得です。

 

 最後に、この本の内容を端的に表した部分の引用を。

 

 私の研究によれば、都市にハイテク関連の雇用が一つ創出されると、最終的にその都市の非ハイテク部門で五つの雇用が生まれる。雇用の乗数効果はほとんどの産業で見られるが、それが最も際立っているのがイノベーション産業だ。その効果は製造業の三倍にも達する。(中略)ある自治体が技能の乏しい人たちのために雇用を創出したければ、皮肉なことに、高い技能の持ち主を雇うハイテク企業を誘致するのが最善の方法だということになるのだ。

 

「まだ東京で消耗してるの?」なんて言った人もいましたが、イノベーション産業に関わる限り、どこに居るかは重要なんだ、というお話でした。

 

僕ら思ったより長生きするよ。準備しないとヤバい。ライフシフト レビュー

この本、読みました。

なかなか衝撃的。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

自分、何歳まで生きると思います?
僕は高校の卒業文集で、72まで生きるって書いたんだけど…甘かった。

 

みんな、80くらいで死ぬつもりでいたらヤバいよ。この本によれば、僕ら100まで生きちゃう可能性、けっこうあるってよ。

 

 びっくりだ。

人生設計、考え直さなければ。なにより100まで生きれるほどお金貯めてないし!!

 

100まで生きるとか言われても…

100まで生きる可能性が結構ある、とか言われても、どうすればいいんだ。
それをこの本は、お金の面からだけじゃなく、人間関係とか、生きがいのある生き方にするとか、そういう面からも考察してくれてます。
まあ細かいことは本書を読んでもらうとして、僕が取り出したエッセンスは

 

アイデンティティが、何より大事になってくる

ってこと。
人生100年時代は「スキルが軸」じゃないんです。100年なんて長すぎてスキルが陳腐化しちゃうんですよ。だから「何々ひとすじ」では、一生食べていくのは難しい。
ひとつのスキルを頼りにやっていこうとすると、こんなん↓なるわけです。

bunshun.jp

 

なぜアイデンティティなのか

ひとつのスキルじゃだめ。

ってことは、変わっていくしかない。

 

どこで変わるか。何に変わるか。どう変わるか。
答えはない。でも、変わらなければ、生き残れない。
一度変わるのに失敗しても、また変わればいい。逆に言えば、一度変わるのに成功しても、そのままじゃいられない。また変わらなければならない時が来る。

 

じゃいつ、どうやるか。

ここで、アイデンティティの話になるわけです。
正解なんてないんだから、『自分がどう生きたいか、どうありたいか』を軸にするしかない、ってこと。

 

やりたいときに、やりたいことをやるのがいいんじゃない?

いろんな理由で、やらずにいたことを。

 

そういうことらしいです。もちろん、世の中で求められているものは何か、というマーケティングや戦略視点は必要だけどね。

 

僕なら…例えば、このブログを活かす。
あるいはリンクトインで、ある程度プレゼンスを発揮しておく。
課外活動に参加する。Code for Kobeとか。

それが誰かの目に留まり、職業を変えたり、ボランティアに参加したりするターニングポイントになる、かもしれない。

 

結局、将来のためとか言ってもなかなか動けない。興味があってやりたかったけど我慢してたことをやる、くらいがちょうどいいんだろう。アイデンティティという意味でも、インスタントに結果が出なくても継続的にトライできる、という意味でも。

 

今、やりたいことをやっておくことで、それが人生100年時代への準備になる。
そーゆうことなんじゃないですかね。

 

いつかやろうと思って我慢してたこと、やっちゃおうぜ。

そろそろ若手と呼ばれなくなって来た俺たちに勧めたい、いまさらPDCAの基本。PDCAノート レビュー

この本、読みました。

 

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

 

 

Plan、Do、Check、Action。
いまさらPDCAかよ って気もするけど、目標を達成できなかったりすると、やっぱりPDCAだなぁと思うことも多く。

 

目標達成、できてる?

仕事で目標数値の達成、できてます?
達成するためにどうすればいいのかは、わかってる。PDCAを回して、ちゃんと軌道修正していけば良い。
でも、それができない。
チェックポイントを設定したはずなのに、日々の多忙に押し流されてチェックできてない。
てことは、軌道修正もできない。正しい現状把握すら、できてるか怪しい。
そうこうするうちに、一年経ってしまい、目標に届いたり届かなかったり。
届いたとしても、「届くべくして届く」じゃなきゃ、ただのラッキー。翌年、再現できない。

なんとかならないのかな…なんて、思ってませんか? 

 

知ってるだけでは回らない。

なぜ、PDCAをきちんと回せないのか。

なんとそれは、「PDCAの回し方を知らないから」だそうで。
PDCAという言葉や、その意味は知ってても、回し方をちゃんと教えてもらった人って、ほとんどいない。だから回らない。ってことらしい。
これが、本書のキモ。
つまり「考えかたを知ってるだけじゃ、PDCAは回らない」って教えてくれるところ
これは気づかなかった。回せるかどうかは、やる気の問題だと思ってた。 

 

じゃどうすればいいのか

 回すためのポイントは、ズバリ
・見える化
・仕組み化
・習慣化 

これさえ押さえれば、できる。
でも、今までできなかった人がポイントだけ教えてもらったところで、回せるかっていうと怪しい。
というわけで、もちろん具体的に示してあります。それが表題にもなってる「PDCAノート」。

 

ゆるく、でも着実に、高頻度でPDCAを回すには、このノートなかなか良いです。

 

そろそろ皆いい年だし、チームリーダーになることも増えてきた人。
自分だけじゃなく、チームメンバーにもPDCAを実践してもらわなきゃならない。

そんな人に。100点を求めて三日坊主になるような仕組みより「70点でいいから、確実に皆が実践できる方法」という意味でもおすすめです、これ。