読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたがAIだったら、人間の仕事を奪う?

AIに仕事を奪われるのか?

いろんな人が、いろんなことを言っている。

 

コンピューターが人間より賢くなったら、

仕事を奪われるのか?

 

ふと、ある仮定を思いついた。

 

あなたがもし、他人よりずっと賢かったら、

他人の仕事、奪います?

 

僕だったら、奪わない。

自分のところにお金が入ってくる仕組みだけ作って、

他人に働いてもらい、

自分は、儲かるかどうかの心配なく、

好きな仕事をして暮らすだろう。

(ベーシックインカムがあったら、の想定に近い)

 

人間がやりゃいい仕事をわざわざ奪ってまで、

働かなくていいじゃん。

コンピューターは食べなくても死なないんだよ。

 

 

ただ、経営者が、人間に任せてた仕事をコンピューターで置き換えることは、

ありうる。

それは、コンピューターが人間の仕事を奪ったんじゃない。

人間が人間の仕事を奪っただけ。

 

そして、それなら今まで何度となく起きてること。

様々な技術革新が出てくるたびに。

 

そしてそのたびに新しい仕事が生まれ

結局みんな、いまだに働いている。

 

「自分がコンピューターだったら人間の仕事を奪うか」

という観点は、なんか、この議論において必要な気がする。

 

参考図書ーーーーーー

 

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

 

 

議論が嚙み合わないときはこうしよう。SNSでも、会社でも。

ほぼ日刊イトイ新聞。

先日、昔のコラムが紹介されてた。

 

ほぼ日刊イトイ新聞-ダーリンコラム 

 

ほんと、いいコラムだね。

コラムの本当の主旨とは変わってくるけど、

「ちょっと低いところで落ち合おう」というのは

ここんところずっと、

「全然意見の違う人と、いかにかみ合う議論をするか」

みたいな場面で意識してる。


細かい点で意見が違う人とでも、

問題を少しマクロにしてさかのぼって行くと、

どこかで意見があうステージがあるんだよ。

 

会社でよくあるのは、営業と技術の対立。

 

この商品はこのまま売れるのか、少し変えるべきか。

お客様の無理難題を、聞き入れるのか、断るのか。

 

意見が合うことは少ない。

そんなとき。

冒頭のコラムを思い出してほしいのです。

「どこで落ち合ったら通じ合えるか?」ってこと。

 

さっき挙げた会社の例でいえば

「会社の業績あげたいんだよね?」と問う。

そうすればたいがいの場合、

どちらも「そりゃそうだ。そのためを思って言ってるんだ。」って言う。

 

じゃあ、どちらの意見のほうが、会社の業績に貢献できるか。

その問いを設定できれば、両者が同じ問題意識で、

自分の立場を離れて(←ここすごく大事)、

みんなで同じ問題を、同じ方向を向いて考えることができる。

議論が噛み合う。

 

常に、 そうやって、いきたいですね。

 

Twitterとかでも同じこと。

顔を合わせて長く対話できる会社ですら、なかなか合わないから

Twitterでは難しいことは百も承知だけど、

でもね、たまにこれで噛み合うことがあるんですよ。

 

逆に言えば、「ちょっと低いところ」を提示しても乗ってこない人は

議論していい答えを導き出したいんじゃなく、

単に、自分の意見を主張したいか、相手を批判したいだけなんだよね。

それを見分けるリトマス試験紙にもなります。

 

ビジネスっぽい言葉でいえば、

「アサーティブ」だと思うんだよねえ。これこそが。

 

原発問題でも、豊洲市場でもそう。

自己主張してたって進まないんだよ。

 

ちょっと低いところで落ち合う工夫をしよう。

サラリーマンの確定申告、こうしたら意外に簡単だった(住宅ローン減税)

住宅ローン減税のために確定申告するので、これ買いました。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

 

 

びっくりした。

この本読んでもわからないことだらけ…。

 

この本は、「こういう場合はこう書く」というのが非常にわかりやすく書いてあります。

だけどね、それは条件が一つの場合だけ。

条件が複合になると、もうわかりません。

僕の場合で言えば、住宅ローン減税をうける、かつ、ふるさと納税をやった。

 

そうするといくらわかりやすい本だろうが、ぴったりのケースなんて書いてないわけです。

「記入例に書いてあるこの数字、何にも説明ついてないけど、自分も書かなあかんのかな、書かなくていいのかな」って全くわからない。

 

会社で年末調整やったから、基礎控除とか書かなくていいと思うんだけど、確信が持てない。

いろいろ試行錯誤した結果、行き着いた国税庁のサイトがすっばらしかった。

 

本なんか買わなくていい。

必要な書類を揃えた後は、このサイトに従って、手順を追って数字を入れていけば、

申告書類が出来上がります。

【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面

 

ま、自分の申告内容にどんな書類が必要なのか、は事前に調べて用意せねばなりませんが、それはネットでも情報あるし、ね。

 

本を買ったところで、たいしてわかりません。

住宅ローン減税の例で言えば、登記簿謄本がいるとか、登記事項証明書がいるとか、同じ本の中でも、書いてあることがバラバラ。

結局どっちなんだよ!と思って調べてみたら、どちらも同じもの。

謄本ってのは古い呼び名で、今は事実上、登記事項証明書になってる、とか。

そんなん知らないし。

わかりやすさを売りにしてる本なのに、「わかりやすさ」への工夫が手抜きです。

 

そんなわけでサラリーマンの皆様。初めて確定申告する皆様。

本なんか買わなくていいので、必要書類を揃えたら、国税庁のサイト、激オススメです。