本田は本当に自己責任論者なのか?Twitterはこんにゃく問答の世界

こんなエントリーを読みました。

hirokimochizuki.hatenablog.com

 

後半は良いんだけど、なーんか違和感が。
少し考えてわかった。話の前提がおかしい。
途中、「~ということは、~だからだろう」という想像による断定が出てくるんですね。ここからおかしくなってる。

これを読んであのような書き込みをするということは、彼が「自殺」という問題を考えるうえでのある種の思い込み、「自殺者は自分の苦境を「他人や政治のせい」にして自死したのだろう」といった類の思い込みがあるからだろうと思う。 

 

本田は、才能や体格に恵まれてるわけじゃなかったことは結構知られた事実。それをふまえた上で、問題になってるツイート*1を好意的に捉えると全く違ったものが見える。

・まず生きてることに感謝する

・そして嫌なら逃げていい

僕には、それがメインメッセージであるように見える。しかも、自殺してしまう若者へ向けたエールであるわけだ。それらの前提を好意的に汲むとするならば

・他人のせいにするな、政治のせいにするな

という前段は何か。他人とは、政治とは、本田のツイートの中で何を意味する言葉なのか。

 

「変えられないもの」なんじゃないのか。
変えられないものに期待して、絶望して、「変えられないから死ぬしかない」という結論に至るな、と言いたいんじゃないのか。

 

変えられないものからは逃げろ。逃げていいんだよ。

 

そういうメッセージに、僕には見える。もちろん、客観的に見て十分伝わるツイートだとは言い難い。唐突に、政治や他人という言葉が出てくるのだから。
ならばなぜ、本田の中ではこの記事と「政治」「他人」がつながったのか。

 

これは僕の勝手な想像だが、本田自身が、そう考えて思いつめたことがあるんじゃないだろうか。
 

そう思い詰めてた頃の自分に、「この世界が変えられないなら死ぬしかない、じゃない。周りの環境が君に合ってないだけ。合う環境を探して一歩踏み出せ」って言いたかったのだとしたら。


本田ほどの人物が「逃げていいんだ」って言ってるとしたら、それは今つらい状況にある若者にとって大きな勇気になるはずだ。

 

それを自己責任論者だと断定して批判しても、得るものはない。「その言い方では、届けたい人に届かないよ」という表面的なアドバイスのほうが、まだ有用だろう。

 

ここまで書いてきたことが、僕の誇大妄想である可能性も大いにある。
けど、この妄想のほうが、得るものはあるはずだ。
どうせなら、得るほうの考え方でいたい。

こういう話題になると、僕はいつも「こんにゃく問答」という落語を思い出す。
詳しくはググってもらえばいいけど、この落語には「何かを学び取る気持ちで聞けば、たとえ町のこんにゃく屋が発した言葉ですら、高僧に気づきをもたらす」という教訓が隠れている。


そういうことなんだと思う。批判しようと思って見れば、批判にしかならない。

 

得るものがあるスタンスで居たいものだ。
ま、「こんにゃく問答」では、勝手に学びを得た高僧は笑いの対象になるわけだけどね。

 

-----------

 こんにゃく問答に関する学びについては、この本で「豆腐問答」として紹介されてた気がするけど、もう何年も前に読んだので、自信ない。参考まで。

禅「心の大そうじ」 (知的生きかた文庫)

禅「心の大そうじ」 (知的生きかた文庫)

 

 

*1:引用しようと調べてみたら、本当に本人のツイートなのか確信が持てないねこれ。仮に本物じゃなかったとしても、本エントリーで言いたいことは変わらないのでこのまま載せます

僕らは流通業の何にお金を払っていたか?

メルカリとブランディアの価格差

先日、ブランディアを知って利用した話は書きましたが…結局買い取りは止めて、返送してもらいました。で、戻ってきた商品を改めてメルカリに出品したところ、ブランディアで160円の査定だったものが、7000円で売れました。メルカリ側の手数料、送料引いても、実に約30倍のひらきです。ここまで差がでるとは、さすがに驚いた。

 

なぜここまで価格差があるのか

 別にブランディアが暴利を取ってるなんて言うつもりはないです。ブランディアだって、高く買えるなら高く買いたいはず。人気、売れるそうな見込み価格から、送料、査定の人件費、保存の倉庫代…さらには、「売れなかった商品の損害分」などなどを差し引いた結果、これくらいの価格にせざるを得ないのでしょう。ブランディアだけじゃなく、ほかの買い取り業者だって、大差ない。街のリサイクルショップなんて、わざわざ持って行ったのに、そのためのガソリン代にさえならないこともしょっちゅうだし。

 

 売る側から見た差の中身

 ところが売る側からこの差を見るとどうなるか。少なくとも、査定の人件費や倉庫代は、売る側にとって何の意味もないコスト。さらに、買い取り業者の業務効率化のため、売る側が自負する価値(例えば一回着ただけ、など)はスルーされている。つまり売る側からすると、自分にとって意味のない価値(買い取り事業運営コスト)を乗せるために、意味のある価値が削除されていることになるんです。言い換えるならば、買い取り業者は売る側からみて『価値の分からない人』になっている。自分が持ってる物ならば、価値の分からない人に売るより、分かる人に売りたいですよね。手間をかけてでも。

 

買う側から見た差の中身

 一方、買う側から見たらどうでしょう。
 買う人と売る人の直接取引なら、価値観のすりあわせができます。一回しか着てないとか、大切に保管してあったとか。だからこの価格でどうでしょう、う~んもうちょっとかなあ。まあ、送料込みでこれくらいならいいかな…なんて。明確に乗ってる間接コストって、送料くらい。不透明な人件費やマージンはない。あるのは「この商品ならこれくらいの価値があるのでは」という合意のみ。
 ところがここに仲介が入ると、価値観以外のものが入ってくる。「事業運営上、乗せざるを得ないコスト」。買う側にとってもやはり、価値のないコストが乗っていることになるわけです。

 

僕らは流通業の何にお金を払っていたか?

 今までは、そんなコストは乗ってて当然でしたよね。売る側からすれば、中古品を買ってくれる人なんてそんなに簡単に見つからない。買い取り業者しかいなかった。いや、買い取り業者だってふんだんにいたわけじゃない。買ってくれるだけマシ、くらいの状況。それくらい、売ることが大変だった。
 買う側からすると、欲しいものを日本あるいは世界中から見つけ取り寄せてくる手段含めての売価。どちらの側にとっても「自分にできないことをしてくれる」のが中古流通業者だったわけです。

 

 ところがインターネットの登場、ひいてはメルカリの登場により、流通において「自分にできないこと」は激減した。僕らは、流通業に頼らなくても、自分で欲しい人を見つけることができる。
 それに比べ、古物商の事業コスト構造は基本的に変わっていない。だから、安くしか買い取れない。

結果、「自分でやれば払わなくて済むコスト」が、相対的にかなり高く見えるようになってしまった。

 

 理屈としては、それが乗ってるのは理解出来る。だけど、自分の物を売ろうとした時、「感情的には理解出来ないほどのコスト」を受け入れるのは難しい。買う側だって、売る人から直接買いたい。そのほうがいかにも「自分にとって価値のないコストは乗っていない」から。イメージ的には原価で買えるような感覚ですね。

 

ってことはどうなるか

 今はまだ中古品買い取り業だけの話だけど、ゆくゆくは流通業自体、「感情的には成り立たない」ビジネスモデルになる気がする。感情面からビジネスモデルを見たことはなかったけど、なにかこれは、覚えておきたい。

 

 流通業がなくなり、運輸業だけが残っていくのだろうか。

 

残念!結局、英語は頑張るしかない。「英語力はメンタルで決まる」レビュー

英語ねぇ…

TOEICは700点超えたので、もういいかなと思って受けるのやめちゃった。だけどいまだにビジネスでは英語使えない。

そんな私がこの本、読みました。

英語力はメンタルで決まる?自分が変わる英語学習のコツ26

英語力はメンタルで決まる?自分が変わる英語学習のコツ26

 

Amazonの評価では賛否両論で、否のほうの主な理由が「分かりきってることが書いてあるだけ」というものでした。そうなのかな~と思う部分もあったけど、なんとなく引っかかったので、買ってみた。

結果、なかなか良かったです。

 

お前はやる気がないだけなんです

言われてみれば、中身は確かに分かってることが多い。

・ 英語が上達するには努力あるのみ。近道や楽なやり方なんてない

・英語がなかなか上達しないのは、学習量が足りないだけ

・スピーキングの練習もしっかりやる

・「読むだけで」「聴くだけで」なんて教材はあてにするな

って話。目新しくはないよね。
目新しくはないけど、そして分かってるつもりだけど、分かってない。
だって本当に分かってるんだったら、もう実践してるはず。つまりは英語が上達してるはず。

何年かごとに、英語勉強本を買って、いまだに上達していない。
そりゃ、分かってないってことなんだよ。

身もふたもない言い方をするならば
「お前は英語をやる気がないだけなんだよ!!まずそれを認めろ!」
ということなんですね。


そういうことを改めて、目の前に「ドン!」と示してくれる。
それだけでもこの本の価値は、結構ある。

 

分かった、分かったよ。認めようじゃないか。確かに本気じゃなかった。

 

やる気を邪魔する最大のものを教えてあげよう

それを認めたあとは、もうやるだけ。でもその前に、今まで上手くいかなかった理由をひとつだけ教えてあげよう。

 

どっかに楽な方法があると思ってないか?

 

結局、質のいい英文が載っている教材を選んで、擦り切れるまでやりまくるしかないんです。でも、巷には「こういう方法なら楽に身につくよ」という教材があふれている。それに感化されて僕らも、「今回買ったこの本は身につかなかった。でもどこかにきっと、自分に合った方法があるはずだ」とどこかで思っている。だからいつまでも「方法」を求めてさまよい、進まない。

英語には楽な方法なんてない。腹をくくって、愚直にがんばれ。

そういうことなんです。

もちろん、こんな書き方はしてないです。でも、こういうメッセージなんだと僕は受け取りました。Amazonで「この本は分かり切ったことが書いてあるだけ」と書いている人は、皮肉にも「この本に楽な方法を求めて読んだ」人たちなんですね。そこに気づけるかどうかが、この本の評価の分かれ目です。

 

結局、この本のタイトル「英語力はメンタルで決まる」というのは、「心構えで決まる」「覚悟で決まる」という意味なんだ。僕が先入観で思ったように「苦手意識のようなメンタルブロックを外せるかどうかで決まる」という意味じゃなかった。

 

なかなか、読む価値のある本ですね。

 

最後にちょびっとポイント

最後に少し、覚えておきたい天然を。

知らない英語をいくら聞いても身にはつかない。話されている言葉をすべて理解したうえで、何度も何度も聞く。

今年この本を読んでから、そうだろうな~と感じていたけど、やっぱりそうなのか。逆に言えば、去年までは、知らない英語だろうが量を聞けば耳が慣れてわかるようになると思っていた。これ、けっこう大事です。わかんない英語はどれだけ聞いたってダメ。

覚えておこう。