そろそろ若手と呼ばれなくなって来た俺たちに勧めたい、いまさらPDCAの基本。PDCAノート レビュー

この本、読みました。

 

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

 

 

Plan、Do、Check、Action。
いまさらPDCAかよ って気もするけど、目標を達成できなかったりすると、やっぱりPDCAだなぁと思うことも多く。

 

目標達成、できてる?

仕事で目標数値の達成、できてます?
達成するためにどうすればいいのかは、わかってる。PDCAを回して、ちゃんと軌道修正していけば良い。
でも、それができない。
チェックポイントを設定したはずなのに、日々の多忙に押し流されてチェックできてない。
てことは、軌道修正もできない。正しい現状把握すら、できてるか怪しい。
そうこうするうちに、一年経ってしまい、目標に届いたり届かなかったり。
届いたとしても、「届くべくして届く」じゃなきゃ、ただのラッキー。翌年、再現できない。

なんとかならないのかな…なんて、思ってませんか? 

 

知ってるだけでは回らない。

なぜ、PDCAをきちんと回せないのか。

なんとそれは、「PDCAの回し方を知らないから」だそうで。
PDCAという言葉や、その意味は知ってても、回し方をちゃんと教えてもらった人って、ほとんどいない。だから回らない。ってことらしい。
これが、本書のキモ。
つまり「考えかたを知ってるだけじゃ、PDCAは回らない」って教えてくれるところ
これは気づかなかった。回せるかどうかは、やる気の問題だと思ってた。 

 

じゃどうすればいいのか

 回すためのポイントは、ズバリ
・見える化
・仕組み化
・習慣化 

これさえ押さえれば、できる。
でも、今までできなかった人がポイントだけ教えてもらったところで、回せるかっていうと怪しい。
というわけで、もちろん具体的に示してあります。それが表題にもなってる「PDCAノート」。

 

ゆるく、でも着実に、高頻度でPDCAを回すには、このノートなかなか良いです。

 

そろそろ皆いい年だし、チームリーダーになることも増えてきた人。
自分だけじゃなく、チームメンバーにもPDCAを実践してもらわなきゃならない。

そんな人に。100点を求めて三日坊主になるような仕組みより「70点でいいから、確実に皆が実践できる方法」という意味でもおすすめです、これ。

目じゃない。魂で読め。白洲次郎 占領を背負った男 レビュー

 

白洲次郎 占領を背負った男

白洲次郎 占領を背負った男

 

 (文庫やKindle版もあります)

 

いやもう、こんな本なんて紹介したらいいのかわからない。
目で読む本じゃないんですよ。魂で読む本。
本当にこんな人がいたのか。っていうくらいかっこいい。
こんな悪役、ドラマの中にしかおらへんやろ。っていうくらい、GHQと民政局がひどい。本当にいた人なのに。

 

戦争に負けて占領されるってこういうことなんだな、と初めて分かった。

 

そのひどい占領に対して、敢然と立ち向かう白洲次郎。
ただまっすぐなだけじゃない。
泥臭いネゴシエーションや根回しもがっつりやる。それは狡猾さじゃなくて、自分の信念を貫き通すため。しかも、日本をアメリカのいいようにされてしまうことから守るため。理想を語ってるお坊ちゃんじゃなくて、すさまじく仕事ができるやつが、本気で日本のために働くわけですよ。こんな話、面白くないわけがない。

 

憲法がね、アメリカの素人によってさらさらっと作られたって、知ってましたか。
私はこの本で初めて知りました。びっくりですよ。憲法なんて絶対的な国のポリシーじゃないですか。敗戦によってアメリカに押し付けられたものだ、ってことはなんとなく聞いて知っていましたが、まさかね、素人によって2週間くらいで作られたものだとは。
素人とはいっても、さすがにそこらを歩いてる人じゃなく、GHQの中で、ある程度法律の素養がある人たちではあったみたいですけどね。でも、憲法に関しては素人。秘書とかもいたらしいですよ。秘書て!!そりゃあの時代に日本に来てるくらいだから優秀には違いないんだけど、それにしたって役人の秘書が!日本の憲法の一部を作ったって・・・・どんだけ舐めてんのよって話でしょ。これは衝撃でしたね。そりゃ白洲次郎じゃなくったって、舐めんのもたいがいにしろ!って言いたくなりますよね。

ところが時は敗戦直後。たぶん日本全体が最も心を折られていた時期。原爆によって強大な力の差を見せつけられていた人々は、抵抗はしてもちゃんと渡り合うなんてできない。
つか、そもそも憲法の草案をGHQが作ったってのが極秘だったから、市井の人々は関係ないんだけど。GHQと対峙していた日本政府の面々ですら、がっぷりよつに組むことはできない。こんなの飲めるか、っていうだけ。

そこを一人のスーパースターが奔走するわけです。誰あろう、白洲次郎その人。

GHQ内部の確執を見抜き、対抗勢力に掛け合い、情報収集し、それはもう様々な手を使って、日本の自立へ向けて誇りを保とうとするわけです。何十年も前の話なのに、つい引き込まれて応援したくなります。

 

いや、すっごい人がいたもんだ。もともと能力の高い人が、高い理想を掲げるとここまでできるものか。俺たちも、目の前の生活のためじゃなく、日本のためくらいの理想を掲げて働いたら、見える景色は違うんじゃないだろうか。

そう、思えます。読み終わった後、うずうずします。俺も何か成し遂げねばって。

 

 

胸が熱くなる、ってこと、最近ありますか?

あんまりない人、おすすめです。この本、胸に来ますよ。

息苦しい監視社会?戻っただけですって。

しばらく前に、こんなの話題になりましたね。

www.huffingtonpost.jp

わざわざ通報するなんて、よほどヒマなんだな~、という感想は置いといて。

ネットでは「どんどん寛容さがなくなり、監視社会になっていく」という論調が目立ちました。ま、どんな世界にもこういう暇人はいるし、僕には関係ないし…と思っていたところ、カウンターとして、こんな意見も出てきた。面白い分析です。

togetter.com

ここまで
「日本は窮屈になった。それに比べて海外は…」
「いや、海外だって窮屈だって」
という話の流れですが、そこで
「いや、日本も窮屈になってきたんじゃなく、元から窮屈だったんじゃないの」
と思いついた。元ネタは、この本に書いてあったことなんですけどね。

日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点

日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点

 

ざっくり要約すると

 

震災とか起きて、日本人のモラルの高さが賞賛されたり、逆に「いやいやこんなひどいことする奴も居るって」という話が出てきたりしてる。でもね、日本人はもともといいやつって訳じゃないんだよ。
田舎の家には、留守宅でもなぜ鍵がかかってないか。それはね、村人がみんな良い人だから、じゃない。村人の顔はお互い皆知ってて、空き巣にでも入ろうものならあっという間に知れ渡る。もうそこでは暮らしていけなくなる。空き巣に入るメリットより、リスクのほうが圧倒的に大きい。だから誰も空き巣に入らないだけ。

そういうムラ社会による相互監視で秩序が保たれてきた。

 

という話。
でも日本は都会化し、隣の顔も分からないような社会になってきたから、その抑止力がなくなってきて…と本は続くわけですが。

 

もう、私の言いたいことはお分かりですかね。
そう。

 

「都会化により失われた相互監視社会が、SNSによって戻ってきただけじゃないの?」

 

ということです。
冒頭の消防車の例で言えば、消防署やマスコミが対応を間違いさえしなければいい。
的外れなチクリは毅然とスルーが出来さえすれば、全体としては良い方向なんじゃないですかね。「留守でも家に鍵かけなくていい田舎なんて、良いなあ」って思うでしょ皆。

 

あ、新聞が「毅然とスルー」の判断を正しくできないから問題なのか…

しまった。