考察・意見

Amazonダッシュボタンじゃ日用品の囲い込みができない、たったひとつの理由

Amazonのダッシュボタン、やっと使ってみました。買ったのは以前なんだけど、ストックがやっと尽きたので。商品は、洗濯洗剤のアリエールです。 アリエール Dash Button 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2016/12/05 メディア: エレクトロニクス この商品を…

仕事がデキる奴になるには、ストレスを取り除くのが近道~キラーストレス レビュー~

以前、お盆に出勤したら会社行くのが楽しみになった話を書きましたが。 あれ以来、「普段それほど気になってないストレス源でも、減らすと仕事が楽しくなる」という事が頭の片隅にあります。つまり「もっと仕事がデキる奴になるためには、ストレスを取り除く…

仕事を楽しくする方法、または働き方改革の本質。

お盆、出勤しました。だいたい、毎年出てます。仕事がむちゃくちゃ進むから、好きなんですよね、お盆出勤。 で、今年。 朝、出勤するとき、会社へ行くことが楽しみであることに気づいた。もともと仕事は好きなほうですが、正直、「会社へ行くのが楽しみ」に…

クルマ誤操作を減らす特効薬を発表します。

高齢者によるクルマ誤操作事故があとを断ちません。 ふと、思ったんですが。 トランスミッションを、全車マニュアルに戻したらどうですか。クルマの安全性に関わるかなりの部分が、解決されるように思うんですが。 ・アクセルとブレーキのふみまちがい ・携…

The World is NOT flat 年収は「住むところ」で決まる レビュー

この本、読みました。 年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学 作者: エンリコ・モレッティ,安田洋祐(解説),池村千秋 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2014/04/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ …

息苦しい監視社会?戻っただけですって。

しばらく前に、こんなの話題になりましたね。 www.huffingtonpost.jp わざわざ通報するなんて、よほどヒマなんだな~、という感想は置いといて。 ネットでは「どんどん寛容さがなくなり、監視社会になっていく」という論調が目立ちました。ま、どんな世界に…

本田は本当に自己責任論者なのか?Twitterはこんにゃく問答の世界

こんなエントリーを読みました。 hirokimochizuki.hatenablog.com 後半は良いんだけど、なーんか違和感が。少し考えてわかった。話の前提がおかしい。途中、「~ということは、~だからだろう」という想像による断定が出てくるんですね。ここからおかしくな…

僕らは流通業の何にお金を払っていたか?

メルカリとブランディアの価格差 先日、ブランディアを知って利用した話は書きましたが…結局買い取りは止めて、返送してもらいました。で、戻ってきた商品を改めてメルカリに出品したところ、ブランディアで160円の査定だったものが、7000円で売れました。メ…

残念!結局、英語は頑張るしかない。「英語力はメンタルで決まる」レビュー

英語ねぇ… TOEICは700点超えたので、もういいかなと思って受けるのやめちゃった。だけどいまだにビジネスでは英語使えない。 そんな私がこの本、読みました。 英語力はメンタルで決まる?自分が変わる英語学習のコツ26 作者: 西田大 出版社/メーカー: アルク …

残業ゼロって意外に簡単にできるらしい

この本、読みました。 面白かった。 完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか 作者: 米村歩,上原梓 出版社/メーカー: プチ・レトル 発売日: 2017/04/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る こういう本を読んで「面白かった」ってのは変な気…

ブランド物買取サービスを使ってみた感想と疑問

最近、家の不用品処分にハマっておりまして。 要らない服を処分したいけど、リサイクルショップ行くの面倒。それにリサイクルショップ行くと、買取査定にめっちゃ待たなければならない。それが何よりいやだ。そんなとき、ブランディアというサービスを知って…

AIは脳の寿命を補完するために進化した

あなたは自分が思ってるより長生きするっぽい 今頃、この本読み始めました。 LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 作者: リンダグラットン,アンドリュースコット,池村千秋 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…

雑誌を買わないと、痩せていく気がするんです。

要らない情報に出会えるメディア 雑誌「クーリエ・ジャポン」を愛読していました。 COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2015年 02月号 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 読み始めたきっかけは、UGGの…

Amazonコンビニ受け取りやってみた

宅配便ドライバーの厳しい現状が話題になってしばらく経ち、 こんな動画も(的外れすぎて)話題になってましたが。 www.youtube.com Amazonでコンビニ受け取りができるようになってますね。 コンビニ受け取りをもっと増やせばいいのに、と 常々思っていたので…

Ponanzaは佐藤天彦名人に勝ってないでしょうが。

先日、こんなニュースがありましたね。 news.livedoor.com 将棋にも人工知能に詳しいわけじゃないので、あれこれ言えませんし 思い入れがあるわけじゃないけど、 ひとつだけ、以前から誰も答えてくれない疑問があるのです。 BonanzaもPonanzaも、合議制のプ…

あなたがAIだったら、人間の仕事を奪う?

AIに仕事を奪われるのか? いろんな人が、いろんなことを言っている。 コンピューターが人間より賢くなったら、 仕事を奪われるのか? ふと、ある仮定を思いついた。 あなたがもし、他人よりずっと賢かったら、 他人の仕事、奪います? 僕だったら、奪わない…

議論が嚙み合わないときはこうしよう。SNSでも、会社でも。

ほぼ日刊イトイ新聞。 先日、昔のコラムが紹介されてた。 ほぼ日刊イトイ新聞-ダーリンコラム ほんと、いいコラムだね。 コラムの本当の主旨とは変わってくるけど、 「ちょっと低いところで落ち合おう」というのは ここんところずっと、 「全然意見の違う人…

サラリーマンの確定申告、こうしたら意外に簡単だった(住宅ローン減税)

住宅ローン減税のために確定申告するので、これ買いました。 いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版 作者: 土屋裕昭,樋川智子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/10/28 メディア: 単行本(ソフ…

なっがい英語をそのまま理解するヒントはPPAPにあった!

これ読みました。 60万人が結果を出した「ネイティブ思考」英会話トレーニング 作者: ダン上野Jr. 出版社/メーカー: あさ出版 発売日: 2016/02/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る いや~良かった。結構、目から鱗だったので紹…

恵方巻きに乗せられてもいいんじゃないか

昨日は節分でしたね。 巷には巻き寿司があふれていました。 「いかにも販売促進の策」に乗せられるのがキライな私としては なんだかな~と思っていました。 もともとの風習である関西はともかくとしても。 ただ、いそいそと恵方巻を買い求めるお母さんたちを…

異常な宅配業界を救え

年末年始、こんな記事が話題になりましたね。 www.bengo4.com 確かにエスカレートしてる。 僕らとして、何ができる? 労働には正当な対価を払ったほうがいい、 でも送料無料は嬉しいし、助かる。 ここでひとつ、考えてみる 宅配便がたいへんなのは、その再配…

テレビ屋の本はなぜ面白くないか

この本、買って読みました。AmazonのKindleセールで安くなってたので。 新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます 作者: 鈴木おさむ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/03/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 参った。全然で…

ふるさと納税を悪者扱いしてどうしたい?

これ・・・ 気づく人は気づいたと思うけど。 www.bloomberg.co.jp 「はい、これから問題のすり替えしまーす」て宣言してるようなタイトル。 ふるさと納税で東京都世田谷区の税収が減ったって。 その減った額が、保育園5つ分だそうです。 ・・・なにその単位…

正直者の皆さんおめでとう。ゴネ得の時代はもう終わった。

ここのところ、二件続けて珍しい目に会いました。ショッピングサイトで買い物したんだけど、付くはずのポイントが付かない、というトラブル。 一回だけならまあ、たまにゃあるよね、て話ですが、ひと月の間に二回、それも別々のサイトで。 それでもまああり…

ピコ太郎の使い方

ピコ太郎の出るCMが増えている。 でもどれも、PPAPの替え歌ばっかりでつまんないことこの上ない。 ピコ太郎自身の戦略としては間違ってないと思う。 2匹めのどじょうなんてあるわけない、って自分で言ってるくらいだから、 今のうちにオファーは来るだけ受…

今年のテーマは「イシューからはじめよ」に決定。

みなさま今年もよろしくお願いいたします。 12月はひとつもブログ更新せず、この本をひたすら繰り返し読んでた。 恥ずかしながら、買ってから今までずっと積ん読状態だったのだ。 イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 作者: 安宅和人 出版…

サービスってのは熱狂的なバカに支えられてるのかも

電車の中で、ずっと電話してる女を見かけた。 乗ってから降りるまで、ずっと話してた。 いつもなら「あーバカ女がいるわー」ですませてしまうのだが、今日はふと思ってしまったのだ。 いまどき、高齢者でもないのに、あんなに一生懸命電話で話す人も珍しい。…

燃える家、または輝くことへのイメージ

何年前のことだったか。 あれは RadioHead の KID Aというアルバムを買って聞いた夜のこと。 重い重いロックを聴いて寝たせいで、変な夢を見た。 —– ある外国の風景。白い土壁に赤い瓦屋根の街並みが広がる景色。 どの家も、太陽を浴びて綺麗に輝くなか、一…

ボブディランが日本に見せつけたもの

先日、こんなニュースが話題になってましたね。 www.huffingtonpost.jp もう、いろんな意味でさすが、なんですが。ここまでノーベル賞を丸裸にした人は今までいなかった。 ボブディランの対応を勝手に解釈すれば、 ノーベル賞なんてただの「他人からの評価」…

人は長時間労働では死なない。

正確には、「人は長時間労働で自殺はしない」ですが。 電通新入社員のニュースと、それに対する様々な言及を見ているうちに、 危ないなぁ、間違った問題解決へ行きそうだなあと思っていたのですが、やはり。 www3.nhk.or.jp 単にね、長時間労働では、人は自…