考察・意見

正直者の皆さんおめでとう。ゴネ得の時代はもう終わった。

ここのところ、二件続けて珍しい目に会いました。ショッピングサイトで買い物したんだけど、付くはずのポイントが付かない、というトラブル。 一回だけならまあ、たまにゃあるよね、て話ですが、ひと月の間に二回、それも別々のサイトで。 それでもまああり…

ピコ太郎の使い方

ピコ太郎の出るCMが増えている。 でもどれも、PPAPの替え歌ばっかりでつまんないことこの上ない。 ピコ太郎自身の戦略としては間違ってないと思う。 2匹めのどじょうなんてあるわけない、って自分で言ってるくらいだから、 今のうちにオファーは来るだけ受…

今年のテーマは「イシューからはじめよ」に決定。

みなさま今年もよろしくお願いいたします。 12月はひとつもブログ更新せず、この本をひたすら繰り返し読んでた。 恥ずかしながら、買ってから今までずっと積ん読状態だったのだ。 イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 作者: 安宅和人 出版…

サービスってのは熱狂的なバカに支えられてるのかも

電車の中で、ずっと電話してる女を見かけた。 乗ってから降りるまで、ずっと話してた。 いつもなら「あーバカ女がいるわー」ですませてしまうのだが、今日はふと思ってしまったのだ。 いまどき、高齢者でもないのに、あんなに一生懸命電話で話す人も珍しい。…

燃える家、または輝くことへのイメージ

何年前のことだったか。 あれは RadioHead の KID Aというアルバムを買って聞いた夜のこと。 重い重いロックを聴いて寝たせいで、変な夢を見た。 —– ある外国の風景。白い土壁に赤い瓦屋根の街並みが広がる景色。 どの家も、太陽を浴びて綺麗に輝くなか、一…

ボブディランが日本に見せつけたもの

先日、こんなニュースが話題になってましたね。 www.huffingtonpost.jp もう、いろんな意味でさすが、なんですが。ここまでノーベル賞を丸裸にした人は今までいなかった。 ボブディランの対応を勝手に解釈すれば、 ノーベル賞なんてただの「他人からの評価」…

人は長時間労働では死なない。

正確には、「人は長時間労働で自殺はしない」ですが。 電通新入社員のニュースと、それに対する様々な言及を見ているうちに、 危ないなぁ、間違った問題解決へ行きそうだなあと思っていたのですが、やはり。 www3.nhk.or.jp 単にね、長時間労働では、人は自…

大学を4ヶ月でやめるというのは、新しいモラトリアムの型かも

いやもう、いまさら言及するのもはばかられるこれですが。 4ヶ月で大学を中退し起業します。レールに沿ったつまらない人生はもう嫌だ。 - いしだの話 私自身は、彼には成功して欲しいなと思っています。 失敗するんじゃ予想どおりすぎて面白くないので。 そ…

「さよなら」の先にあるもの (さよならインターネットを読んで)

気になってた家入さんの本、読みました。 さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ 560) 作者: 家入一真 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/08/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る すごく…

配送無料なのに配送料が取られる!Amazonの1clickに気をつけろ!!

【最近Amazonプライム体験してやめた方、特に注意です!!】昨日、これを買いました。ブラウン シェーバー シリーズ3 網刃・内刃一体型カセット32B (F/C32B と互換品) 並行輸入品出版社/メーカー: Braun (ブラウン)メディア: この商品を含むブログを見る並行…

白票なんて自己満足なんだよ!!バカじゃねーの?と思ってたけどそれでも甘かった。

今、出口治明さんの「人生を面白くする 本物の教養」という本を読んでます。 普段は読み終わってからしか書評を書かないんですが、 選挙について「これは!!」と思うフレーズがあったので とりいそぎ、ご紹介します。 参院選が近づいてるからね。 読み終わ…

CDが売れない理由はそこじゃなかった

これ読んでる時に魔法の世紀作者: 落合陽一出版社/メーカー: PLANETS発売日: 2015/11/30メディア: Kindle版この商品を含むブログ (11件) を見るふと、思いつきました。CDの衰退は、文化が変わったようにとらえがちだが 実は技術の衰退なのではないか。だって…

スマホゲームにハマる人の気持ちがやっと分かった

面白くないゲームをやる人々 先日、電車の中で面白い人を見かけました。 スマホ画面を指でグリグリグリグリしてる人。つないで消す系のスマホゲーム全盛の今、 そんな人は腐るほどいるんですけど、 その人はちょっと違った。 ゲームやってるのにスマホ画面を…

自己ベストを尽くす

「ベストを尽くす」ってスポーツ選手なんかがよく使う。 自分ではどうなんだろう。 (言葉に出してはあまり使わないけど)そういう意識で仕事とかするとき、 どんなつもりだったか思い返してみると 「手を抜かない」くらいの意識だったような気がする。 でも、…

テクノロジーは、僕らが思ってるよりずっと進んでいる。しかし。書籍版NextWorldレビュー

今年初め頃、放映されて話題になってた、 シリーズもののNHKスペシャル、Next World。 見逃してしまって、録画もしてなかったけど 本になって出版されていたので、読んでみたらかなり面白かった。ナノマシン、IoT、ビッグデータ解析、人口知能などなど、 様…

IoTを小学生でも分かるように説明してみる

IoT(Internet of Things)って、話題になってだいぶ経つけどなんかピンと来ない。 モノのインターネット、とか言われてもねぇ。 展示会などへ行っても、センサー付けて情報が取れます、みたいな話ばかりで、いまいちすごいと思えない。 そりゃセンサーとネッ…

このタイミングで昔の書評を掘り出した。憲法九条を世界遺産に 書評メモ

最近の安保改正に関する議論や動向については、しっかり理解できてないので 自分の意見を表明するのは控えているし、 表明するほど固まってもいない。ただ、反安倍政権を唱える人たちのなかで目立つ人たちって あんまり筋の通った話をしていないように見えて…

全員が一致団結しなくたっていいじゃない。ライフネット生命出口CEO講演を聞いて【その4】

さて第四回、最終回は「2:6:2を受け入れる」です。 引き続き、チームの生産性とモチベーションの話。2:6:2の法則。 聞いたことがある方も多いと思います。 これについては「働かないアリに意義がある」という本なんか面白いんですが、 「アリの集団で、普段…

無理に好き嫌いを隠さない。上司だって人間だもの。ライフネット生命 出口CEO講演を聞いて【その3】

さて、ライフネット生命の出口CEO講演をきいての考察第三弾は、 「モチベーションと好き嫌い」。生産性が頭打ち、仕事は増えるのに人は減らされるばかり。組織としての仕事のやり方、仕組みの改善という面では 前述のようにイノベーションが必要なわけですが…

今は何でもググれるけれど、それでも知識を蓄える意味。出口CEO講演を聞いて

ライフネット生命保険 出口CEO講演を聞いての考察。 第二回は「イノベーションは何のため?」。 副題を 〜イノベーションの必要性とその土壌としての知識〜 としようかな。 話はまず、日本の生産性についてから始まる。 日本という成熟した国。 ひとりあたり…

自分にだけ見えている真実は何か。ライフネット生命 出口CEO講演を聞いて

先日、自分で企画して、ライフネット生命保険の出口会長(兼CEO)に講演をして頂きました。 3月始めにお願いしてから3ヶ月。 待ちに待った講演は、出口さんのお人柄の魅力もさることながら 実に多くの示唆に富んだ内容でした。とてもじゃないけど一回にはまと…

より良い知識に出会うためのツール、としてのKindle評

Kindleを買って一年になるわけですが。 最近、また新しくKindleのメリットを実感しているので ちょっと整理してみます。 良い本と出会いやすくなる 本屋においてあるのは、売れる本。 新聞広告は、売りたい本。それらの情報だけじゃ、ろくな読書にならないこ…

CD、本、そして写真。媒体として生き残るには?

すごく久しぶりに、紙の本を買いました。これ。火星に住むつもりかい?作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2015/02/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (23件) を見るKindle版のほうが500円近くやすいのに。カバーデザインを、すごく気に入…

今年のテーマは「プレイヤーマネージャー」に決定。

2015年が明けてから早8日。 今年のテーマは何にしようかな〜、とずっと考えていましたが、 今、突然思いつきました。今年のテーマは「プレイヤーマネージャー」にします。 シンガーソングライター、みたいなノリで。 プレイングマネージャーってのはよく聞き…

オタ芸とは先入観。配慮があればフェスは皆が楽しい。

前回に引き続きイナズマロックフェスの話。初めて生でオタ芸を見ました。(オタ芸ってこういうの↓) 偏見をもっている人にこそ見てほしいヲタ芸とそのやり方 - NAVER まとめ とあるアーティスト(アイドルではない)のリハーサル中、曲に合わせてぐるぐると踊る…

上司に振り回されず、高質なアウトプットをする方法。論点思考レビュー

仕事の上で、上司に振り回されて困ってる人、居ませんか。今回読んだこの本は、そんな悩みにぴったりでした。論点思考作者: 内田和成出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2010/01/29メディア: 単行本購入: 30人 クリック: 389回この商品を含むブログ (37…

IKEAへ行ってCDの暗い未来に気づく。CDだけ残っても仕方ない。

先日、IKEAにCDラックを買いに行きました。今まで使ってた手製の棚が容量的に厳しくなってきたので、 全面的に変えようと思って。行ってみて、驚いた。ないんです。CDラック。 店員さんに聞いてみたら、もう廃番になったとのこと。 IKEAの通販サイトを見てみ…

悪意をぶつけられることがダメージとなる。言葉そのものではない。

最近、気づいたことがあります。 僕はあまり、自分が傷ついたとか感じないほうなのですが、 この一年で二回ほど、言葉によりダメージをうけたことがあります。 2日くらい引きずるくらいで、まあ回復するんですが。なんであの二回だけ、あんなに引きずったの…

いったいどう使おうか?本の要約サービスflierレビュー

ビジネス書の要約サービスを使い始めて2ヶ月経ちました。 サービス紹介 | 本の要約サイト flier (フライヤー) - 1冊10分で読めるビジネス書の要約サイト/おすすめ本を新刊から名著までご紹介 まだ使い方を模索中なんだけど、レビューします。 【レビューの前…

使命感なきプロブロガーはいずれ消える。というか、食えなくなる。

先日こんな記事が話題になりましたね。 一昨日のことなんだけど、嫁に「会社を辞めてブログで食べていく」と告げました – そうすけブログ.comそれ自体は対岸の火事、という感じでなんとも思っていなかったのですが たまたま、田端信太郎氏のMEDIA MAKERSとい…