新聞ヤメテミル

 

思い切って新聞をやめてみました。
RSSリーダーで、日経、BusinessInsider、TechCrunchなどを読んでます。


新聞をやめて、分かったこと。

どーでもいいニュースが、いかに紙面を飾っているか。
いかに見出しの文字の大きさに影響を受けていたか。

これを痛烈に感じました。
もうずっと前に、大前研一氏が、

新聞よりRSSリーダーのほうがいい。
全てフォントが同じだから、
どのニュースが重要か、自分で判断できるから。

と言っていましたが、これほんと。

どこそこの株が10円上がった下がった。
政局がどうのこうの。

新聞だと目に入るのはそんなニュースがすごく多いことに気づいた。
本当に知りたいニュースにたどり着くまで邪魔が多いこと多いこと。

RSSリーダーを読んでいると、そういうニュースは文字としては並んでるんだけど
認識としてはほとんどなきに等しい。

もちろん、世の大局を知るために、どんな業種が景気がいいとかは
なんとなくつかむ必要はありますよ。

だけど、並んでいるのはミクロのニュース。
そんなのが必要なのは、株やってたり金融関連の人だけなのに。

自分で引いて見ないとついつい、大局をとらえるところへ行かない。
ましてや、見出しというバイアスがかかっている。

新聞にもいいところはたくさんあるけれど、
悪いところもあるんだなあ、と気づきました。


Webでは読めない記事もいろいろあるし、
様々な人が薦めるように「日経 土日月曜版にはいいデータがいっぱい載っている」
という事実は捨てがたい。
それに加えて、どうも日経Web版の記事じゃあライターの目線が下世話な感じもする。

などなど、さまざまなデメリットもありますが、
ちょっと新聞に対する見方が変わります。
何より、自分で選んで読むから、記憶に残る。
さらに、FacebookTwitterにもワンクリックでシェアできるから、ソーシャルブックマーク的な読み方もできる。

一度新聞をやめてみるの、おすすめです。