読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワカッテカラ、ワカルコト

 

もうかなり前、とあるミュージシャンの日記。

彼は、リズムの勉強をしなおしているそうです。
(難しいリズムの刻み方とかを習いに行っている)

音楽は特に、感覚的なものだからでしょうが、
「先生の言っていることがわからない」ことがよくある。

でも、とにかく先生の言うとおりに練習する。
練習を繰り返して、技術を会得できたときに初めて、
「ああ、先生はこういうことを言っていたのか」ってわかるそうです。

彼曰く、「わかってからでないと、わからないことがある」。

ん〜、深いぞこれ。

意味や目的が分からないけど、とにかく従わなければならない時って
サラリーマンにはよくありますよね。
そういう時、素直に従えるかどうか。従うべきかどうか。

またまた彼曰く、

先生の言っていることは分からなくても、
どんな若造でも、
『この人は自分にないものを持っている』と
感じることはできるはず

それを感じるかどうかが、素直に従うかどうかの基準になりそうですね。
そのためには、なるべく心をオープンにして先入観を持たないようにしなければ。
難しいけどね。

逆に言えば、自分が教える立場のとき、それを感じてもらえるかどうか。
それはコントロールできないだろうな。
たぶん人格が成熟すると自然と身につくのだろう。

photo credit: notsogoodphotography via photo pin cc