読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「言いたいけど余分なひと言」を我慢できるようになるにはブログを書くと良い

ブログ論
 

ブログを書くようになって得たと感じたもの。

●言いたいことを我慢するチカラ
●言いたいことを全部言わずにそぎ落とすこと

文章を書いているといろいろなことが頭に浮かぶ。

今書いているこの事は、こういう前提だからね、とか、
こういう事をわかった上で敢えてこう言ってるんだよ、とか。
間違って見られたくないばかりに、様々な注釈をつけたくなる。

だけど注釈はあくまで注釈だ。
本論じゃない。

つまり、あまりグダグダのたまうと、肝心の一番言いたい事が
ぼやけてしまったり、パンチ力が弱まったり
最悪、伝わらない。

だから、本論以外はそぎ落とす。
言いたいけれど我慢する。

これは結構大変なことだ。
特に、普段「前提条件を並べることが仕事」みたいなSEにとってはね。
本能的にリスク回避として、断り書きがおおくなっちゃうんだよ。

それを削って、なるべくメッセージを届きやすくする。
誤解されるリスクを負っても。

表現するってことは、リスクを負うことでもあるのだな。

photo credit: ....Tim via photopin cc