こいつバカじゃないかと一刀両断するまえに僕が想定してみること

 

地下鉄で通勤しています。
今朝、地下鉄に立って乗っていたら、
隣におじさんが立った。
そのおじさんは、若者でもないのに、
学生みたいに両手に吊り輪を持った。ちょうど体操選手のように。
学生がだるそ〜にしてやる、あれです。

最初は、なんじゃこいつ、とイラっとしました。
いい歳してアホみたいに。

でもよく見ると、酔ってるでもふざけてるでもなく
いたって真面目に両手持ちしてる。

こりゃなんか事情があるのかな。
どんな事情かはわからないけど。

さらに考えた。
自分だったらどんな事情があったら
ああやって両手持ちするだろうか。

足を怪我してる時?
…以上。

それ位しか思いつかなかったけれど、
そんな頃にはもうすっかり平常心に戻ってました。


結局、相手の何か批判しようと思ったら、
相手の立場に立って考え、事情を踏まえ、
それでもやっぱりそれはおかしいよ、
っていう方法じゃないと、
相手に届かないし、建設的な批判にならないですよね。

ドラマで言えば「相棒」の杉下さんが
犯人が罪を犯した背景から事情まで分かってから初めて
「だからといって許されるはずがありません!」って怒る、あれです。



原発にしても、消費税にしても、TPPにしてもすべて同じ。
「自分には理解できない対象」として反対意見を叩いたって前へは進まない。

ここまではわかるけど、途中からそこへ落ち着く理屈はおかしいんじゃないの?
って批判じゃないと。

選挙が近く行われます。
いまよく聞かれる
ほぼ子供の喧嘩みたいな低レベルなライバル批判じゃなく
まともで建設的な議論をして、 ちゃんとした選ぶ材料を提示して欲しいもんです。
マスコミ含めて、ね。

photo credit: Sergiu Bacioiu via photopin cc