読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ本が増えた理由からコンテンツの価値を上げる方法を考えた

 

ここ数年、ビジネス本流行りですよね。
もしかしたら自分が本を読むようになったから
目に付くだけかも分かりませんが
仕事術なんかを書いた、内容の薄っぺらい本が多いこと多いこと。

多すぎてそういう本に引っかからないようにするのが大変です。
まあ数を読んでるうちに、引っかからないようにはなりましたが
たまに本当に良い本が混じっていたりするので全否定もね・・・。

良い本のなかでも、不必要に長い本って多いです。
特に海外のビジネス本に多いですね。
事例を列挙しまくるのはいいけど、同じこと繰り返し言ってるだけだよねってやつ。
冒頭や途中に、本当に良い事や新しいコンセプトが書いてあったりするので
これまた、「こういう本は・・・」って全否定するのも良くないです。

そんなことを考えていて、突然思いついた。
これって、紙の価値がすごい安いことによる現象だろうな、と。

紙の価値がすごく貴重だった昔は、
そこらの馬の骨が本を書けるような状態ではなかったですし、
なにより、本を書くほどの人でも、同じことの繰り返しや
どうでもいい例示は、極力減らしていたと思うのです。

結果的に、すごく内容の濃い書物だけが生産されていたのだろうな。
昔であればあるほど。

媒体とコンテンツは別物だと考えがちですが、
媒体の価値が下がるとコンテンツも全体としてデフレを起こす
ってのは、覚えておいても良いかも。

逆に言えば、
「価値の高い媒体に入れれば、
コンテンツの価値もつられて上がりうる」
ということ。
面白いですね。

photo credit: Lawrie Cate via photopin cc