読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字情報に振り回されて自分の目で確かめることを怠ったという話

 


先日、地下鉄を降りて歩いていたら、改札手前である女性とすれ違いました。
大きな半透明のゴミ袋を持った方。

それでぱっと見た時思ったこと。
あんなでかいゴミ持った人の近くに乗るの嫌だな〜。

でもよく見てみたら、ゴミ袋がやたら明るい。
つまり大部分、光が透けていて、
中にはそんなに物が入ってない。
さらによく見てみたら、
どうやら入ってるのはゴミじゃなさそう。
よくは見えないけど、
でかいクリスマスリースみたいな。
枝っぽいのが入ってそう。

そこまで来て、気がついた。
袋に書いてあった、
「○○市ゴミ袋」の文字に完全に引っ張られてた自分に。

彼女は、ただでっかいポリ袋が使いたかっただけなのだ。
でも普通の過程にそんなでかい袋はない。
いや、あったと思ったら、市の指定ゴミ袋だった。
まあしょうがないからこれに入れていくか。

ってなところでしょう。
でも僕は最初からゴミだと思ってしまった。
「ゴミ袋」だと思い込んでしまった。
思い込まずに見れば、明らかにゴミじゃない感じだったものなのに。

こりゃ結構危ないな、と思いました。自分で。
気をつけよう。

photo credit: Bernhard Benke via photopin cc