こだわりの話を聴くというエンターテイメント

 

人の話を聴くのが好きです。
何かにこだわりを持ってる人が
それについて語るのなんか聴くのが特に。

人それぞれ、当然趣味嗜好は違ってて、
何でそんなことにそんなに熱意を持てるのかな
なんてちょっと不思議に思うような分野が特に
面白い。

特に勉強が好きな人ってあまりいないから、
学術分野については、比較的簡単に
そうなり易い。
会社の同僚が学生時代に書いた卒論の話とか。
みんな仕方なくイヤイヤ書いてたと思うんだけど、
話を聴いてみると皆、それなりに熱意を持って語るのが面白いです。

まあしかし、いつもそんな話を聞いてまわるわけにもいかず、
となると、手軽に専門家の話を聞くには…そう、本です。

そんなわけで、最近いろんな本を読み散らかしてます。

パレスチナ難民の話。
世界の水ビジネスの話。
能の話。
日常で使われる放射線の話。はたまた数学のカオス理論の話。

勉強として与えられると嫌だな〜と思ってたものも
こうして接してみると、驚くこととか多くて
面白いです。
世の中の見方も変わるし。

知ることはエンターテイメントだなあ、ほんと。

photo credit: h.koppdelaney via photopin cc