読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の七つ道具〜しばらく前のバックパッカー編〜

 


バックパッカーとして注目していた青木氏のブログで
「旅の七つ道具」 | Hibilog | 青木優のインバウンド観光と日常と考察ブログ
なるエントリーを見かけたので、私もぜひ乗っからせてもらいます。

もうバックパッカーしなくなって5年は経つのですが、
やっぱり血が騒いじゃってね・・・

さて私の、「何はなくともこれは持っていく」旅の七つ道具は、冒頭の写真の通りです。
左上から時計回りに。

1.ロープとフック

 下着は3枚程度しか持っていきませんからね、基本。
 それを干すための道具です。
 ロープは現地調達できると思いますが、フックは現地調達難しい。
 フックがあるとかなり便利なんですよ。
 ロープ張る、取るのが楽だし、ちょっと何か引っ掛けておくのにもね。
 かさばりませんので持っていくのにも重宝です。

2.絵はがき

 これは七つの中で唯一、現地調達品です。
 やっぱり旅先から絵はがき出すの楽しいんですよね。
 はがきに向き合うと、いつもにはない文章が生まれてきます。
 アジアからだと、届いたり届かなかったりするいい加減さもいいですね。

 インドのバラナシで書いた絵はがきは、我ながら名文が書けたと思ったのですが
 友人には届かなかったようです。
 なんか、かえって僕の印象には残りました。
 15年も前なのに未だに内容覚えてるもんね。断片的だけど。

 しかし今、自分がバックパッカーしたらあまり書かないのかなあ。そうかも知れないな。

3.ノート

 筆記用具とノートは必需品ですね。
 発展途上国では、ろくな筆記具が調達できませんからね。
 紙も質が良くないし。
 (あ、でもこれも最新事情は違うかも)

 2の絵はがきを出すために、日本から住所をメモして行くのにも使います。

4.シリンダー錠

 これこそ必需品ですね。
 バックパックのジッパーにつけるのと、泊まった宿のドアに使うのと。
 これないと安心して背中にバックパックを背負っていられないんですよ。

5.大きめの財布

 パスポートが入る大きめのやつ。
 首から下げるタイプのやつです。肌身離さず持っておくために。
 あんまりかっこ良くないですけどね。

6.フィルムプロテクター

 今はもう要らないよな〜。
 高感度フィルムを手荷物検査のX線から守る、鉛の袋です。

 アイスランドにオーロラを見に行く時に入手。
 オーロラを撮るために高感度フィルムを持っていったので。
 
 それ以来、せっかくあるので高感度フィルムじゃなくても
 入れるようになりましたが、デジカメになって引退となりました。

 そもそも今は亡きコンコルドのイラストがついてますからね・・・。
 なんか象徴的ですね。

7.目覚まし時計

 携帯では不安なので。
 電池切れてて列車や飛行機に乗り遅れたじゃあシャレになりません。

 こんな小さいけどちゃんとライトもつく優れものです。
 黄ばんじゃってますけど。


あまり途上国へ行くこともなくなってしまった最近ですが
また行く時には持っていくだろうなあ、という七つです。
あ、フィルムプロテクター以外の六つか。

ともかく、旅に出たいねえ。