「健康でいること」に執念を持つための方法

 

ちょっと寝込みました。
食あたりにしては重く胃腸かぜにしては軽く。

熱も少しあったので、
とても文章を書けるような状態ではなく、
ああ、始めたばかりの30日チャレンジ
「ブログの下書きを書く」
が早速途切れてしまう、という危機になったわけです。
遊び感覚で30日チャレンジをやってみる - せいじ100のリスト


そこでやっと気づいた前提。
健康じゃないと30日チャレンジができない!

いや、まったく当たり前の事なんですが。
30日チャレンジを始めようと思い立った時、
自分が寝込んで途切れるかも知れないなんて
思いもよらなかったんです。

仕事で遅くなって途切れるかも、とか
子供を寝かしつけてるうちに
一緒に寝ちゃって途切れるかも、
とかは想定したんですけどね。

健康ってのを、普段どれほど気にしてないか
痛感しました。

30日チャレンジを続けるには健康に気をつけないと。

そう考えたら
やりたいことがある人のほうが
「健康であろうとする執念」みたいなものがあるんだろうな、
と思い至りました。

高齢者がよく聞かれてる「健康の秘訣」ってのは
そういうことなのかもしれない。
健康であるために何かをするのではなく、
何かをしたいから健康でいられる、
という考えかた。

こりゃちょっと試してみよう。
やりたいこと沢山持っておこう、うん。

photo credit: Presidio of Monterey: DLIFLC & USAG via photopin cc