リゾートという贅沢が理解できない人間。

 

週末、沖縄へいってきました。

僕はついこのあいだまで、リゾートに行く人の気持ちが全く理解出来なかった。
せっかく旅行に来てるのに、ホテルのプールでのんびりする人の気持ち。
わざわざ飛行機に乗ってプールに入りにくるなんて
アホらしいな〜と思ってた。

でも今回、のんびりすることを最大の目的として沖縄にきてみたら、
ほんのちょっとわかった気がする。

生産的にならないという贅沢。
時間とお金の無駄使いとも言える。

ただ、無駄使いして初めて手に入るものがある。
それこそが「リラックス」なのだろう。

そしてそれは、究極の自己肯定。
何もしなくても、ただそこにいれば良い、ってこと。

そう、リゾートとは、生産性を捨てることによって手に入れる、自己肯定だったのだ。
そう思うと、リゾートが癒しと言われるのも少しわかる。

いや〜今まで気づかなかったわ。

photo credit: paul bica via photopin cc