ノンアルコールビールがあって当然の世に育った子は、自分を騙すことができるのだろうか。

 

ノンアルコールビール、よく飲みます。
休みの昼間からこれ飲むの、良いんですよね。
開放感があって。
しかもその後の行動が制限されない。

でもふと思った。
この開放感は、ビールだと思って飲んでるからこそ。
つまり、ノンアルコールだと知ってるのに、
「金色で泡立つ飲み物とは普通のビールだ」とどうしても思ってしまうほどの、
ビールへの慣れと思い込みがあってこそ。

そう考えると、ノンアルコールビールがあって当たり前の世界に育った世代、
いわばノンアルネイティブは、
同じ様な開放感は味わえないんじゃないか。

どうしたって脳が騙されてしまう、ってことにならないから。

そうすると、まあ一定のニーズは残るけど、
主要の「ビールだと思って飲む」層は確実に減って行く。
ノンアルコールビール市場もそう長くはないのかもしれない。

photo credit: “Caveman Chuck” Coker via photopin cc