思い直して身体の調子を整える。

 

ひさびさに読み返した本。

カラダマネジメント術!

カラダマネジメント術!

三十代過ぎると、筋力はどんどん落ちていく。
少しでも歯止めをかけるために、
トレーニングしないと。
健康なカラダはQoLの向上に必須だから、もっと重要視しなきゃいけない。
あとトレーニングするとこんな副次的効果があるよ、という話。

まあ正直、小手先ノウハウ本。
身体を鍛えるモチベーションあげるのに、どうしてもこの本じゃなくてもいい。
けどまあ、読み易いし、この本でもいいんじゃないかな。

特にすぐ実践してみようと思うのは、
心拍数トレーニング。

心拍数トレーニングって、ジムのエアロバイクにもあるメニューなのに、
全然気にしてなかった。
短時間で効果の高い効率的なトレーニングには大切なんだね。

次からは、心拍数トレーニングコースでやろうと思います。

あとは、自分のパフォーマンスをきちんと記録して、
トレーニング成果を把握すること。
最大酸素摂取量、無酸素性作業閾値の数値を把握する。
現状把握がまず第一歩なのは、仕事もトレーニングも同じ。

やっぱり数値が伸びると楽しいから、トレーニングが続く。

ま、そんな感じで気楽に、だけど着実に、身体は鍛えておきたい。

小手先本ながら、たまに読み返したい本です。