読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしそばに想う

 

名古屋に気に入ってるつけ麺屋があります。

最近のつけ麺屋って、
どろっとしたつけ汁に削り節粉の山があって、
麺は縮れの強い太麺で。
どこもかしこも同じで辟易してるのですが、
ここは、そこらのつけ麺屋とは違う。

適度な太さの麺。
酸っぱ辛いスープ。
食べたあとには小麦香るゆで汁。
(それは他と同じかな)

他のつけ麺屋は、
「しゃあない、つけ麺でも食べるか」と仕方なく入る程度なのですが、
ここだけは、昼時に通りかかったら嬉々として駆け込む感じ。

そんなある日、ちょうど昼時に近くに居たので、
これ幸いと行ってみたら、新メニューがあった。

もやしそば。
かなりプッシュされてる。

じゃあ試しに、と思って注文してみた。
タダの、もやしが山盛りに乗せてあるだけのラーメンだった。

大失敗…

不味くはない。不味くはないけど、
すぐ脇に美味いつけ麺があるというのに、
なぜ、どこにでもあるような
猿真似ラーメンを食べなきゃならんのか!
そのストレスが耐えがたかった。


そこで少し考えた。
メニュー板であんなにプッシュされてたら、
初めて来た客で、あのもやしそばを注文する人、
結構いるんじゃないか。

そしてそのまま、二度と来なくなる人が。

(僕のランキングでは)名古屋イチ美味いつけ麺があるのに、
初見の客に、どう見ても平均レベルを超えない品を出して良いのか。

リピート率を下げるだけなんじゃないのか。
店の評判を下げるだけなんじゃないのか。

もちろん、店の勝手です。

だけどこういうこと、僕らでもありそう。
コアじゃないところに手を広げ、
もっとも勝負したいところが隠れないようにしないとね。