読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

説教とアドバイスの違い

 

ふと、思いつきました。
60歳前後と思われるTwitterユーザーで
「言いたい事は悪くないのに、変な言い方する人が多いよな〜」
と。
正確に言うと、この人なんでこういう言い方しかできないのかな〜
と思ってプロフィールを見ると、
60前後であることが多い。

ある問題について、「こうすればうまくいくよ」
と言えば良いのに、「なぜこうしないんだ」
と言う。

ありゃ、なんなんでしょうね。
と考えて、説教とアドバイスの違いなんじゃないか、と思いついた。

説教は、「なぜこうしないんだ、しっかりしなさい」という言い方。
アドバイスは「こうすればうまくいくよ」という言い方。

どちらで伝えたほうが、より受け入れられやすいか。
言わずもがなですよね。

それなのに説教ノリの人が多いのは何故か。

発言の潜在的な真意が、
相手のため、じゃなくて、自己顕示欲に根ざしてるから、
でしょうね。
本人は、相手のためを思って言っているつもりなんですが。

そう思いなおして見ると、Twitterやブログなんか見てると、
60歳前後でもの申す人って、説教が圧倒的に多い。

まあ、60前後でそれらのサービスを使いこなしてる時点で
あるていどリスペクトではあるのですが
そんなんじゃあ老害まであと一歩だよね。

老害に発信力を与えてしまったのでは
世の中は悪くなる一方。

発信したり行動したりしてると、いろんな意見やコメントが来るものですが
受けとめるもの、スルーするものの判断基準にすると良さそうです。
説教か、アドバイスか。


説教するようなジジイには、なりたくないですねえ。