読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年 せいじが読んでよかった本10冊

 

さて年末も押し迫ってまいりました。
今年はブログの更新頻度も下がったものの、読んだ本のレビューは極力書くように意識していたので、
今までよりも書評記事の割合が多かったように思います。

というわけで、今年読んでよかった本をピックアップ。
なんか年末Kindle版セールで安くなってる本もあるので、
チェックしてみることをお勧めします。

良かった本

面白かった、でもあるが、内容が良かった。
他の本にはない何か、
主に新しい考え方を与えてくれたもの。

1.ゼロトゥワン
 

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

 ビシバシと起業魂に訴えかけてくる一冊。
 ちょっと大げさに言えば、魂が震える感じ。
<元の記事>
 未来は作れる。作らなければ、明るい未来は来ない。ピーターティールのZeroToOneレビュー - せいじ100のリスト

2.論点思考
 

論点思考

論点思考

 上司の言うことを言葉通りに受け取ったってダメだ。
 じゃ、どうすればいいのか。
 <元の記事>
 上司に振り回されず、高質なアウトプットをする方法。論点思考レビュー - せいじ100のリスト

3.その科学があなたを変える
 

その科学があなたを変える

その科学があなたを変える

 少しだけ行動を変えて、自分をコントロールする方法。
 手軽でありながらしっかりした理論。
 <元の記事>
 たった数分のアクションで自分を手軽に変える方法。〜その科学があなたを変える〜 - せいじ100のリスト

4.未来企業
 

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

 考え方として知っておきたい、これからの組織の在り方。
 <元の記事>
 すっきりはしないが大事なものがぼんやり見える「未来企業」レビュー - せいじ100のリスト

5.嫌われる勇気
 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 対人関係の悩みから心を開放し、しなやかに生きる考え方を得られる本。 
 <元の記事>
 大切なのは「be here now」--嫌われる勇気レビュー - せいじ100のリスト

6.早く正しく決める技術
 

早く正しく決める技術

早く正しく決める技術

 しがらみに嫌気がさしていたころ、ちょっと吹っ切れた一冊。
 この本と、嫌われる勇気、論点思考の合わせて3冊を読むことで、
 どうでもいいことを気にして、おかしい決断をしてしまうことを避けられる。
 シンプルに、最善の決断を下すには。「早く正しく決める技術」レビュー - せいじ100のリスト

面白かった

役に立つ面もあるとは思うが、それよりも単純に読んで面白かった本。
知的刺激を存分に感じること、それ自体が娯楽となるような本。

●42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」

<元の記事>
驚異の身体能力。世界トップクラスのマラソン選手は血液から違う。 - せいじ100のリスト

ビットコインとは何か?

<元の記事>
30分程度でビットコインの基本を学んでみたら、なかなか刺激的だった。 - せいじ100のリスト

ウェアラブルは何を変えるのか?

<元の記事>
ウェアラブルコンピュータという言葉は十年前とは全く違う文脈で再登場した。〜ウェアラブルは何を変えるのか〜 - せいじ100のリスト

役立った

今年新しく読んだ本、ではないですが、読みかえしてところどころ実践している本。
面白い、でも良かったでもなく、役立った本。

●「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!

「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!

「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!

<元の記事>
ヤコブセンの名作椅子は体の仕組みから見ても理にかなってた - せいじ100のリスト


もちろん、本というのは読む人と状況によって
響くかどうかがかなり変わりますが、
少なくとも、上にあげた本は読んで損はしません。
読むのにかけるお金と時間以上のものが得られます。

でも、読書関連での今年一番のヒットは
Kindle PaperWhite買ったことだろうなあ。