読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleのやり方を真似したって意味はない。じゃ何を真似すればいいのか。How Google Worksレビュー

書評
 

この本、やっと読み終わりました。
なかなか面白かった。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works というタイトル通り、
Googleがどんなことを大切にして、どんなコミュニケーションをとって働いているか
という話。

曰く、
人材の採用に最も力をいれ
自分でどんどん仕事を産み出す、とびきり優秀な人(スマートクリエイティブ)に
自由に仕事させておけばいいんだそうだ。

他にも、会社の価値観や文化を形づくる様々な要素について
Googleではどうしているか、具体的に書いてあって面白く、
それだけで十分刺激的な内容。

そしてつい、Googleのやり方を真似すれば良いんだと思いがち。


だけど、そんな本だと捉えてしまうと大間違い。
だってあなたの会社はGoogleじゃないんだから。
全部真似したって、Googleは超えられない。

じゃ、この本で学ぶべき一番のポイントは何なんだ?



それは、
「自社のミッション、社会的存在意義にとことん忠実であること」
だと僕は読みとった。

意外に普通。


世の中に何を為すために自社はあるのか。
それを全社員がしっかりと理解すること。

そんなこと、どこの会社だってやっていそうだ。

でも、本当にそうだろうか?
幹部だけが満足している余計な会議はないだろうか。
ありとあらゆるしがらみに縛られていないだろうか。

Yesと答えられる会社は、多くない。


Googleが本当に凄いのは、「存在意義にそぐわないものを捨てている」ことだ。
有名なところでは、中国市場を捨てた。
本書を読む限り、事業計画も捨てている。

一番驚いたのは、最後のほうにあるこの文章。

おそらくいま、(中略)勇ましいビジネスリーダーが数人の熱意あるスマートクリエイティブのチームを集めているだろう。
(中略)
いずれグーグルを蹴落とすような会社をつくるかもしれない。
バカげていると思うだろうか。
しかし永久に勝ちつづける企業はないことを思えば、これは必ず起こる。
ぞっとする話だと思う人もいるかもしれない。
私たちはワクワクしている。

ずっと存続、君臨することなどあり得ないと割り切った上で、自らを超える存在の登場を待っているという。
これがGoogleの強さの源だろう。

普通、どんなに優れた文化やミッションを持つ企業でも、自己存続の本能には逆らえない。

つまり、ミッションにそぐわないものを捨てようとしても、
自己存続のために捨てられないことは多々ある。
簡単な例で言えば、時代遅れになりかけている主力商品とか。

それをGoogleは捨てられるのだ。
続いたってせいぜい数十年 と思ってるから。

これは、強い。

そしてそれこそが、真似るべきポイントなんだ。
覚えておこう。