読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃える家、または輝くことへのイメージ

考察・意見 音楽
 

何年前のことだったか。

あれは RadioHead の KID Aというアルバムを買って聞いた夜のこと。

重い重いロックを聴いて寝たせいで、変な夢を見た。

 

—– 

ある外国の風景。白い土壁に赤い瓦屋根の街並みが広がる景色。

どの家も、太陽を浴びて綺麗に輝くなか、一軒だけ、暗くひっそりした家があった。

なんであの家だけ暗いのかな、なんて少し思ったけど、たいして気にも留めなかった。

 

やがて夜が来た。

全てが闇に包まれる中、一軒だけ赤々と輝く家があった。

昼間見た、あの目立たない家だった。

 

その家は、燃えていた。と言っても、火事だったわけじゃない。

燃えて焼け焦げていくわけじゃなく、電気の光でもなく、ただ自ら光を放つ。

まるで燃えているとしか言いようのない、自らの命を削るような、赤々としたひかりを。

僕はただそれを、遠くからずっと見ていた。

——

 

夢から覚めて、ふと気がついた。

そうだ。昼間に輝くということは、ただ、太陽の光を反射するということでしかない。

そうじゃなくて、あの家のように、光がないところで自らを削って光を放つ、

それが本当の意味で輝くってことなんじゃないか。

 

反射するんじゃない。自分を燃やして輝け。

 

あれ以来、自分の片隅にいつもある、ひとつのイメージ。