読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強しないとドンドン損をするって話、あるいはマイナンバー制度への期待〜黄金の羽根の拾いかた2015レビュー〜

 

これ、読みました。

こんなタイトルの本、普通だったら絶対手にとってないけど、
クーリエジャポンで成毛真さんがオススメしてたので買ってみた。

持ち家を買うか賃貸かどちらがいいか、とか、
出版業界の資金繰りの話とかいろいろ書いてあるけど、
一言でいうと、節税の本。

と言うと身も蓋もないけど、結局、
「世の中はこんな仕組みになってるから、ちゃんと勉強しないと搾取されるよ」という話。

しっかり勉強しないとな、と痛感した。

しかし税や社会保障の仕組みはここまでひどいかね…
税制面で自営業(法人)がいかに優遇されているかが
事細かに説明されてます。
まさに「正直者がバカをみる」仕組み。

だからといって、自分はその「バカをみるサラリーマン」を
辞めるつもりはないけど。
やりたい仕事をやってるので。

お金をため込むことだけ考えたら、サラリーマンは賢いやり方じゃないけど、
煩わしい間接業務の一切をやらなくていい、という点を考えたら、
やりたい仕事をやれてるうちは、サラリーマンもいいよね。
税金を正直に払って国を支えてる訳だし。

しかし自営業者がいかに税制面で有利な立場にいるか、
いかにズルい節税をしているか、ということを考えると、
サラリーマンに感謝こそすれ、サラリーマンをバカにする自営業者(法人)など
もってのほかだねぇ。
サラリーマンの納税で成り立っている社会の恩恵を受けてるんだから。

マイナンバー制度が進んで、この辺の歪みを正してくれる事を期待したいねぇ。
頑張れマイナンバー!