読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの確定申告、こうしたら意外に簡単だった(住宅ローン減税)

考察・意見
 

住宅ローン減税のために確定申告するので、これ買いました。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分―――マイナンバー対応2017年版

 

 

びっくりした。

この本読んでもわからないことだらけ…。

 

この本は、「こういう場合はこう書く」というのが非常にわかりやすく書いてあります。

だけどね、それは条件が一つの場合だけ。

条件が複合になると、もうわかりません。

僕の場合で言えば、住宅ローン減税をうける、かつ、ふるさと納税をやった。

 

そうするといくらわかりやすい本だろうが、ぴったりのケースなんて書いてないわけです。

「記入例に書いてあるこの数字、何にも説明ついてないけど、自分も書かなあかんのかな、書かなくていいのかな」って全くわからない。

 

会社で年末調整やったから、基礎控除とか書かなくていいと思うんだけど、確信が持てない。

いろいろ試行錯誤した結果、行き着いた国税庁のサイトがすっばらしかった。

 

本なんか買わなくていい。

必要な書類を揃えた後は、このサイトに従って、手順を追って数字を入れていけば、

申告書類が出来上がります。

【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面

 

ま、自分の申告内容にどんな書類が必要なのか、は事前に調べて用意せねばなりませんが、それはネットでも情報あるし、ね。

 

本を買ったところで、たいしてわかりません。

住宅ローン減税の例で言えば、登記簿謄本がいるとか、登記事項証明書がいるとか、同じ本の中でも、書いてあることがバラバラ。

結局どっちなんだよ!と思って調べてみたら、どちらも同じもの。

謄本ってのは古い呼び名で、今は事実上、登記事項証明書になってる、とか。

そんなん知らないし。

わかりやすさを売りにしてる本なのに、「わかりやすさ」への工夫が手抜きです。

 

そんなわけでサラリーマンの皆様。初めて確定申告する皆様。

本なんか買わなくていいので、必要書類を揃えたら、国税庁のサイト、激オススメです。