読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

議論が嚙み合わないときはこうしよう。SNSでも、会社でも。

 

ほぼ日刊イトイ新聞。

先日、昔のコラムが紹介されてた。

 

ほぼ日刊イトイ新聞-ダーリンコラム 

 

ほんと、いいコラムだね。

コラムの本当の主旨とは変わってくるけど、

「ちょっと低いところで落ち合おう」というのは

ここんところずっと、

「全然意見の違う人と、いかにかみ合う議論をするか」

みたいな場面で意識してる。


細かい点で意見が違う人とでも、

問題を少しマクロにしてさかのぼって行くと、

どこかで意見があうステージがあるんだよ。

 

会社でよくあるのは、営業と技術の対立。

 

この商品はこのまま売れるのか、少し変えるべきか。

お客様の無理難題を、聞き入れるのか、断るのか。

 

意見が合うことは少ない。

そんなとき。

冒頭のコラムを思い出してほしいのです。

「どこで落ち合ったら通じ合えるか?」ってこと。

 

さっき挙げた会社の例でいえば

「会社の業績あげたいんだよね?」と問う。

そうすればたいがいの場合、

どちらも「そりゃそうだ。そのためを思って言ってるんだ。」って言う。

 

じゃあ、どちらの意見のほうが、会社の業績に貢献できるか。

その問いを設定できれば、両者が同じ問題意識で、

自分の立場を離れて(←ここすごく大事)、

みんなで同じ問題を、同じ方向を向いて考えることができる。

議論が噛み合う。

 

常に、 そうやって、いきたいですね。

 

Twitterとかでも同じこと。

顔を合わせて長く対話できる会社ですら、なかなか合わないから

Twitterでは難しいことは百も承知だけど、

でもね、たまにこれで噛み合うことがあるんですよ。

 

逆に言えば、「ちょっと低いところ」を提示しても乗ってこない人は

議論していい答えを導き出したいんじゃなく、

単に、自分の意見を主張したいか、相手を批判したいだけなんだよね。

それを見分けるリトマス試験紙にもなります。

 

ビジネスっぽい言葉でいえば、

「アサーティブ」だと思うんだよねえ。これこそが。

 

原発問題でも、豊洲市場でもそう。

自己主張してたって進まないんだよ。

 

ちょっと低いところで落ち合う工夫をしよう。