僕ら思ったより長生きするよ。準備しないとヤバい。ライフシフト レビュー

 

この本、読みました。

なかなか衝撃的。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

自分、何歳まで生きると思います?
僕は高校の卒業文集で、72まで生きるって書いたんだけど…甘かった。

 

みんな、80くらいで死ぬつもりでいたらヤバいよ。この本によれば、僕ら100まで生きちゃう可能性、けっこうあるってよ。

 

 びっくりだ。

人生設計、考え直さなければ。なにより100まで生きれるほどお金貯めてないし!!

 

100まで生きるとか言われても…

100まで生きる可能性が結構ある、とか言われても、どうすればいいんだ。
それをこの本は、お金の面からだけじゃなく、人間関係とか、生きがいのある生き方にするとか、そういう面からも考察してくれてます。
まあ細かいことは本書を読んでもらうとして、僕が取り出したエッセンスは

 

アイデンティティが、何より大事になってくる

ってこと。
人生100年時代は「スキルが軸」じゃないんです。100年なんて長すぎてスキルが陳腐化しちゃうんですよ。だから「何々ひとすじ」では、一生食べていくのは難しい。
ひとつのスキルを頼りにやっていこうとすると、こんなん↓なるわけです。

bunshun.jp

 

なぜアイデンティティなのか

ひとつのスキルじゃだめ。

ってことは、変わっていくしかない。

 

どこで変わるか。何に変わるか。どう変わるか。
答えはない。でも、変わらなければ、生き残れない。
一度変わるのに失敗しても、また変わればいい。逆に言えば、一度変わるのに成功しても、そのままじゃいられない。また変わらなければならない時が来る。

 

じゃいつ、どうやるか。

ここで、アイデンティティの話になるわけです。
正解なんてないんだから、『自分がどう生きたいか、どうありたいか』を軸にするしかない、ってこと。

 

やりたいときに、やりたいことをやるのがいいんじゃない?

いろんな理由で、やらずにいたことを。

 

そういうことらしいです。もちろん、世の中で求められているものは何か、というマーケティングや戦略視点は必要だけどね。

 

僕なら…例えば、このブログを活かす。
あるいはリンクトインで、ある程度プレゼンスを発揮しておく。
課外活動に参加する。Code for Kobeとか。

それが誰かの目に留まり、職業を変えたり、ボランティアに参加したりするターニングポイントになる、かもしれない。

 

結局、将来のためとか言ってもなかなか動けない。興味があってやりたかったけど我慢してたことをやる、くらいがちょうどいいんだろう。アイデンティティという意味でも、インスタントに結果が出なくても継続的にトライできる、という意味でも。

 

今、やりたいことをやっておくことで、それが人生100年時代への準備になる。
そーゆうことなんじゃないですかね。

 

いつかやろうと思って我慢してたこと、やっちゃおうぜ。