レアジョブ英会話、1か月やって喋れるようになったのか

 

レアジョブのオンライン英会話を始めて1ヶ月が経ちました。無料体験ではわからなかったところなど、レビューします。

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

 

無料体験との違い

まず、レッスン終わったあとの講師からのコメントが、かなり変わりました。無料の時は、発音、文法、ボキャブラリーといったカテゴリーごとに、あなたがどんな状況・レベルにあって、どこが弱いかなどのコメントが詳細にありましたが、これが入会したらほとんどなくなった。ほとんどの講師が、かなり手加減したコメントになっちゃいます。「レッスンへ積極的に臨んでくれてありがとう。あなたは理解力もあるし会話も出来るので良いと思うけど、ボキャブラリーを増やしましょう」みたいな感じで正直、物足りない。まあ、毎日楽しんで続けることが最も大事だから、こういうコメントも分かるけどね。

とはいえ、選ぶ講師によっては、かなり細かく(間違いを)指摘してくれるので、そういう講師を見つけることが大事です。

 

講師の質

講師の質は、玉石混交という感じです。ただ、良い人のほうが多く、大外れすることは滅多にない。僕の場合、ほぼ毎日1ヶ月やってみて、外れ講師に当たったのは1回だけでした。ほぼ毎回、新しい講師を選んでみたのですが、5回に1回はかなり良い講師にあたる。もちろん相性もあるのでしょうが、全体的に満足できるだけの講師が揃っていると思います。講師の質の高さがレアジョブの売りであり、僕がレアジョブを選んだ理由でもあるのですが、まあ満足しています。なお、レッスン終了後のアンケートで「不満」と入れると、なんとレッスンチケットがその場で一枚もらえます。つまり、普通は毎日1レッスンしか受けられないコースなんだけど、もし不満だったらその日にもう1回レッスンを受けられるってことです。これはすごい。

ま、実際は1日に2回もレッスン受けないけどね。面倒だから。

 

予約のとりやすさ

これはやってみて驚いた。夜10時ごろの直前予約は、かなり困難です。スタート15分前とかに予約しようとすると、講師検索でもひとりふたりしか出てこない。さらに、予約ボタン押しても結局「予約できませんでした」と出る…タッチの差で他の人に取られてしまった、ということですね。これを何度も繰り返してやっと予約取れる感じ。「開始5分前まで直前予約できます!」てのがレアジョブの売りではあるものの、実際は直前予約は難しいと思ったほうがいいでしょう。
僕は、前日の夜に予約するよう、自分で習慣づけています。開始30分前まではキャンセルできるから、このやり方がいいみたい。「あ~、明日夜、やれるかな、やれないかな」なんて悩んだってどうせわからないので、予約取ってしまっておくのがいいです。

 

教材

正直、よくわからないです。他の英会話スクール行ったことないので、比較もできないし。教材(カリキュラム)は、自分のレベルに合わせていくつか選べます。「日常会話」の教材は、他を経験したことのない人間が見て「これで本当に実力つくのかな」と思うような内容。まあでも、難しすぎると続かないし楽しくないので、これでいいのかもしれない。「間違っててもいいからガンガン話すこと」が大事なのでね、今の自分は。そうしやすい教材になってるってことなのでしょう。
「文法」の教材は、前回の復習があったり、決まった表現を繰り返し練習するようになっていたりして、きっちり実力をつける構成になっています。その分、ちゃんと予習しないとレッスン本番であんまり効果的なトレーニングができない。問題の答えがわからずに時間を浪費してしまう、ということです。
いまのところ僕は、上記ふたつの教材を気分で入れ替えて使っています。

 

結局、話せるようになるのか

いろいろ書きましたが、最も大事なのは「で、話せるようになるの?」ってことですよね。これに関しては、結構、手応え感じています。まだ実力が上がったというよりは、鈍ってた感が戻ってきた、というレベルですが、頭を振り絞らなくても「英語が口から自然と出てくる感じ」になってきています。

5~6年前に海外旅行したとき、自分の英語の喋れなさにちょっと驚いたんですよね。「俺、こんなに喋れなかったかな…」というショック。大学時代にインドを放浪したときは、もう少し喋れた気がするんだけどなぁ。

レアジョブを1ヶ月やって、そのインドを旅した頃くらいに戻ってきた感じ。もちろん、デタラメな部分は多いけど、「うーん」と唸らなくても何かしら喋れる状態。わからないなら、わからないと気軽に言える状態。何か特別な勉強したわけじゃないですが、そんな状態までは来ました。ここからは本当の勉強。正しい英語が自然と出てくるように意識して喋ったり、新しい表現を使ってみたり、単語を覚えたりしていくのでしょうね。

 

なかなか、楽しみです。