キャンプの寝袋はどのくらいのものを買うべきか。HAWK GEARの寝袋2種類を寝くらべてみた。

 

最近キャンプに誘ってもらうようになり、寝袋、買っちゃいました。
Amazonでいろいろ迷ったのですが、価格、カラーリングともよさそうなHAWK GEARに決定。

それまでは良かったのですが、さらに迷ったのは、HAWK GEARの寝袋だけで2種類あること。
封筒型 耐寒0℃のやつと、マミー型 耐寒-15℃のやつ。
結局、両方買って寝てみたので、比較レビューします。

封筒型の耐寒0℃

足元が広いのと、布団みたいに真っ平らに開けるのは、とてもいい。安さも魅力的。私が買ったときはAmazonで税抜き2000円くらい。でもやっぱり安いだけあって、表生地・裏生地ともシャリシャリ感のあるナイロン。あんまり暖かそうに見えないです。こんな感じ↓。

20180522191459


4月上旬 山のキャンプ場で使ってみましたが、寒かった…外気温は3℃という夜でした。暖房代わりに布団乾燥機を使い、電気毛布の上で寝ましたけど、かなり寒かったです。ヒートテックの上に、ユニクロのモコモコなフリースを着て寝袋に入りましたが、それでも寒かったですね。
まあ、初夏くらいになったら、これだけで行けるのかもしれません。

袋はこんな感じです。

f:id:seazee_htn:20180522191930j:plain



パンパンに寝袋を詰めると、ちょっと破れる心配をしてしまうような、頼りない感じはする。でも今のところ破れてはいません。

 

マミー型の耐寒-15℃

値段が封筒型の倍ちかくするだけあって、生地もいいです。Amazonで税抜き3700円くらいだったかな。表地はリップストップのナイロン。裏地はポリエステル繊維ぽい感じがしますが、少しフリース的な暖かさと柔らかさがあります。中綿も当然、封筒型よりボリュームがある。真っ平らにはならないものの、こちらもジッパーで身頃部分が開けるようになっています。

f:id:seazee_htn:20180522212438j:plain


5月中旬のキャンプで使ってみました。5月にしてはとても寒い日で、外気温が10℃くらいという夜でした。上記と同様、布団乾燥機・電気毛布の合わせ技で寝たのですが、ほとんど寒くなかったです。寝るときに着たものは、4月の時よりもかなり薄かったのですが大丈夫でした。同じテントの中で、前述の耐寒0℃寝袋で寝た嫁は、私より厚着でしたが「寒かった」と言っておりました。

外袋は、寝袋の色にかかわらず黒なのですが、封筒型より少ししっかりしていて安心感があります。

f:id:seazee_htn:20180522213125j:plain



小さく締め上げるためのベルトが十文字に渡してあるので、袋に入れた後、さらにボリュームを抑えることが可能。

 

結局どっちを買うべきか

行く季節、行く場所にもよるのでしょうが、私としては、夏に行くのでなければ、耐寒-15℃マミー型がおすすめだなあと感じています。キャンプ場ってのはだいたい田舎の寒いほうにありますし、山の天気は変わりやすく、急に寒くなることもある。暑ければジッパーを開けて調節すればいいだけですから、やっぱり暖かいほうがいいな。

 

と、思って封筒型をマミー型に買い換えようと探したのですが、6月時点、Amazonでは出てこない…。

 

ですがなかなかおすすめです。

あ、でもひとつだけ注意。このHAWK GEAR、注文したのと違うのが届く(色やグレード)ケースが多くあるようです。今週末すぐ要るから買う!という方は気をつけて。交換などの対応は良いので、急ぎじゃなければそんなに問題ないですけどね。